スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kilaship-4 


Yoshiko Kinantiさんに誘われた、Speak Lowのライブイベント、Kilaship-4、行ってきました。Kinantiさん、お誘いありがとうございます。メッセージくれなかったら見逃してました。

今回は「れおんさん」が抜けて原博文さんが入ると言う、これまた見逃せないセットで、とても楽しみでした。楽しみにしすぎて、まだセッティングしているうちに店内に入っちゃいました(笑)

今日の一番手は、前回、現代型テクノというか、カッコいいステージを見せてくれたBubbles。今回はボサノバタッチのギターから始まる、オーガニックな曲から。そして、無意味な音の羅列がいつの間にか音楽に変わっていくスリリングな展開は今回もとても心地いい。凄く無機質なのに、どこか熱い物を感じるのは、YMOが最初「Fusion」として捉えられていた頃に通じる気がする。

それにしても、他の2アーティストとこんなにも方向性の違う音楽をしていながら全然違和感が無いのはなぜでしょう?

二番手は、Kinantiさんがピアノを弾く、麗しの女性ユニット「Tamari」。今回はグランドピアノでの伴奏で、前回ほど「ガンガン弾きまくり」はしなかったけど、逆に深い味わいのステージだったかも?今回もカバー曲を交えたステージでしたが、Joni Mitchell/Big Yellow Taxi、大貫妙子/四季・・・。この人たちのセンスは僕の好みにとても近いと思う。

僕のいた場所の真横をKinantiさんが何度も通ったから、お誘いのお礼でも言おうか・・・と思ったけど、ちょっと恥ずかしくてかけず仕舞いになっちゃいました。おっと、ボーカルのお姉さん(御免なさい、まだ名前、覚わってません!)にドリンク頼んじゃったヨ!

そしてトリは、れおんさんと同じくらい、よくステージを見る原博文さん。澄んで、ピンと張り詰めたような声は、ギター一本の弾き語りだと、濃い陰影となって切ないです。彼の歌を聞いていると、時々不意に涙が浮かんでくる時があります。

でも、MCになると、その真っ直ぐな人となりがにじみ出る語り口がとても楽しいです。所謂「天然」ですね。仕事帰りか?ネクタイ姿で弾き語る所さえも「原さんらしい」と思わせる、得な人です。今日はアップテンポな曲も交えての、バラエティ豊かなステージでした。

今回もやはり極上の時間を過ごすことが出来ました。Kinantiさん、また次回も誘ってくださいね~

コメント

『Kilaship Vol.4』観に来て下さってたんですね。ありがとうございます。
ボーカルのリエヲに、前回のliveのコメントをweb上で書いてくれてる人がいて、告知をしたんだけど前日だから無理かなぁ・・・と話してたんですよ。
ていうか声をかけてほしかったですね(笑)。こちらこそ是非ともお礼を申し上げたかったです。
私はとある会社で働いていますが、リエヲはSpeak Lowで家族と共に働いています。よかったらまた寄ってみて下さい。ランチもやってますよ。ちなみに水曜日が定休日です。
Speak Lowと私達のHPのURLを載せておきますので、またお暇な時にでも遊びに来て下さい。
http://www.speak-low.com/

http://www015.upp.so-net.ne.jp/tamari/

土曜日は本当にありがとうございました。次にお逢い出来る時は、声をかけて
頂けるのを楽しみに待っています。
そして心地よい音が心に伝わるよう、これからも頑張っていきたいと思います。
  • [2005/03/07]
  • URL |
  • Yoshiko.Kinanti
  • [ 編集 ]

Kinantiさん、こんばんは。先日は、声をおかけできなくて御免なさい。結構、シャイな物で(笑)インターネットのバーチャルな世界から実際にお会いするリアルな世界に移行するのも、なかなかに難しいものです。Kilaship-5の時にはぜひとも!

ボーカルの彼女のお名前も、もう覚えました。ちゃきちゃきした感じのKinantiさんと、ホンワカした感じのリエヲさんのお二人、いいコントラストだと思います。これからは「お気に入り」にさせて頂きますね~

ご無沙汰しております。お元気ですか?
突然ですが、ライブのお知らせをさせて下さい。


☆Kilaship Vol.5☆

2005.06.18(sat) at:SPEAK LOW
19:00~open 19:30~start
charge:¥1000(1Drink)


【黒川桂吾】
高松が誇るスーパーギタリスト、ブルースマン黒川桂吾氏。
待望のSPEAK LOWでのLiveがようやく実現。
今回は一人でKilashipに参戦とのこと。
黒くて熱いサウンドを聴かせてくれることでしょう!!!

【tamari】
和のテイストを取り入れながら、様々な音楽を表現する
ボーカルとピアノのユニット『tamari』。
オリジナルも徐々に増え、SPEAK LOWを拠点に活動中。
心地良いジャパニーズオーガニックソウルをお楽しみ下さい。


☆お知らせ
このliveをもちまして、【tamari】は活動を一旦休止させて頂きます。
年内最後のliveです。是非ともお越し下さいね。
心よりお待ちしております。

http://www015.upp.so-net.ne.jp/tamari/

貴重なスペースをありがとうございました。そして今度こそは、お声をかけてくださいね。^^

むむむ・・・、会社のイベントの所為で、今回のKilashipは難しいかも?

しかも、Tamari、活動休止ですって?なんと言う事。非常に残念です。今後はお二人の活動はどうなるのでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/163-6a0dbd8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。