スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ-4・こんな所でもうどん。「福乃家」 

20041218202120.gif

早くも「さぬきうどん」、二軒目です。今日は引越しで、義母さんと義姉さんが手伝ってくれたので、みんなで外食しました。力仕事の後であまりドッカリ食べたくないという意見が一致して近所の「福乃家」という焼肉屋へ行きました。

をいをい、「ドッカリ食べたくないって言ったばかりやンか!」ならまだしも、「うどんの話しちゃうんかい!」と突っ込みを入れたあなた、さぬきうどんの奥深さがまだ解かっていません。さぬきうどんはうどん屋だけでなく、喫茶店でも、四国霊場に隣接した土産物屋でも食べることが出来、それも半端な美味さでない場合が多々あるんです。ですから、焼肉屋でうどんを食べるなど、さして珍しいお話では有りません。

さて、この福乃家、焼肉以外(焼肉もメチャ美味い)のオススメは「打ち込みうどん」です。場所によっては「味噌煮込み」「鍋焼きうどん」とも称します。要するに「豚汁+うどん」を鍋で煮込むスタイルです。味噌で煮込むから、ヤワなうどんでは直ぐにタラタラになってしまいますので、コシのある讃岐うどんは、そのベースとしてはかなりいい素材といえるでしょう。

塩味の喉越しも心地よい白味噌仕立てのダシと、煮込まれて尚コシとツヤを失わないうどんがベストマッチ。そしてお肉・おあげ・サトイモ・ニンジン・ねぎ・ゴボウ・がタップリ入って、栄養万点でございます。・・・が、惜しむらくは以前と比べて、その具の量といい豪快さ加減が随分大人しくなってしまった点。これは、昨今の野菜高騰のあおりを受けた一時的なものと信じたいです。

流石にこれだけでは腹持ちが心許ないかな?ということで、ここで初めて「雑炊」を頼んでみました。こちらはもう、手抜きナシの絶品。先ほどの白味噌仕立ての雑炊なのが珍しいと思いますが、えび(又は牡蠣)・シイタケも具に加わり、どろどろ・あつあつ・・・しかも量が多い。打ち込みうどん+雑炊を一人で食べると、その後暫く動けないほど腹一杯になりますのでこのコースはお二人で食べるのをオススメします。

場所は、国道11号バイパス・国分寺町役場から香南町方面へ入り約1Kmほど。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/16-0f409c9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。