スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンテージ広告、再び 



病膏盲に入る・・・とはこのことだ。また買ってしまった、ビンテージ広告。ただし、今回は地元で。

確かに、ネット通販でいいデザインの広告を買うのは簡単だが、一枚500円程度の物を仮に2-3点まとめて買ったとしても、振り込み手数料・送料、その他もろもろを考えた時馬鹿にならない物なのサ。

そこで思い出したのが、前々からよく行っている坂出方面の「Used American Shop」。古着を始め、家具、雑貨、ミリタリーものなど、余り大きくは無いが結構楽しい品揃えをしている。そしていつも遊んでいる友達と会ったついでに訪ねてみた。

ビンテージ広告もそんなに数は無いが、5-70年代ライフ誌などの原本もいくらか置いてあった。吉沢悠似の若い兄ちゃんに話を聞くと、こういうビンテージ雑誌や広告を卸すマーケットもあるんだそうな。「読んでいい?」と聞くと「どうぞどうぞ・・・」。

いやぁ、なんと色鮮やかな広告や魅力的な写真の数々だろう?この頃のアメリカって、やっぱり最高だなぁと思った。でも、一冊2980-3980円と聞くとちょっと手を出すのに勇気がいる。

「じゃぁ、バラもありますよ」という事で、何枚かシートになった物を見ると、こちらは一枚450-500円。その中で選んだのがこの「ペプシ」。お姉さんの表情と言い、服の配色と言い、僕的に最高!



コメント

あぁ~、33号線沿いにあるやつですね?アメリカンなお店って。あそこ、以前から気にはなっていたのですがなかなか入る勇気がなくて…。GAMさんが入られたということで、安心していってみたいと思います(^-^)。

ペプシのポスターいい感じです。その値段だったら私もほしいなぁ。とにかく、ちょっと見てきますね~。

omoteさん、こんばんは。あの店は数年前から時々寄っているんですが、何も買わなくても、見ているだけで楽しくなるものが一杯ですよ。

会社の女の子にこの店の話をしたら、よく知っていて、昔は高松市内で小さな店でやっていたそうです。と言うわけで、なかなかオススメな店です。

都会ですと、こういう店は何となくワルっぽい兄ちゃんがやってて入りにくいですが、ここはエントリーにも書いたように、なかなか爽やか系の兄ちゃんがやっていました。広告はそんなに数は無いですが、まぁ、話の種にでもどうぞ。

僕は、ビンテージ広告、嵌りそうな雰囲気です(笑)。元々、僕の兄が何年も前から家で飾っていて気になっていたので、遅かれ早かれこうなる流れだったんでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/154-b9684c8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。