スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ-3・さぬきのファミレス「てら屋」 

20041218201633.gif

さぬきうどんを極めた「麺聖」という方がいらっしゃる。その方のHPで、「うどんを云々言う前に100件のうどん屋に入ったことがあるか?県外の方では3人知っているが、県内では会ったことが無い」という言葉にちょっとズシっと来るものがあったので、これから僕も、行ったことのある店、初めての店含めて何店制覇できるか、数えてみようじゃないか・・・というわけで、先ずは「てら屋」から。

場所は、高松自動車道・高松西ICを降りて直ぐの出光GSを左折し、道を産業道路を北上。国道11号BPにぶつかる手前。この店は多分「恐るべきさぬきうどん」には先ず乗るはずが無い、半セルフの普通の店である。なのに日曜の昼のこの混雑振りを見よ!この辺りには、見るべきうどん店も無い上に旨いから、土日ともなると家族連れ・カップル・少年野球団のチームなどなど、それは雑多な人たちがやってきてえらいことになる。

僕はぶっかけ派なのでいつもぶっかけを頼むが、非常に濃~いダシで、醤油とイリコの味が舌に焼きつくようだ。ただ味醂でも入れているのか、甘い後味が僕の好みとチョッとだけ違って残念。非常に「ズシ」っとした重みのある麺で、その濃いダシの味をも通して小麦の甘さも感じるほど密度がある。

土日でもやっているから、まず喰いはぐれることが無いのも嬉しく、会社と自宅の最短ルートの途中にある為、非常にリピート回数の多い店である。

(注:「がもう」「丸香」をこのエントリー以前に書いていたので、引越しを機に、メモ番号を変えました)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/15-0210a626

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。