スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどんメモ9・宵越しのうどん「まるや」 


「てやんでぃ、べらぼうめ!こちとら江戸っ子でぃ!宵越しの金なんざ持たねぇんでぃ!」・・・とは、「江戸っ子たる物、一度手にしたお金を次の日迄残すようなまねをせず、パーっと派手に使ってしまう」という心意気。

一方さぬきうどんも「打ってから一時間までが賞味期限」というほど足が速く、まして、「宵越し」なんて言葉には縁もないもの・・・の筈。ところが、この「まるや」のうどんは、「宵越しのうどん」として一部には有名な店。

口に入れると子供の肌のようにスベスベして、餅のように伸びるのでは?と思わせるほどの粘りのあるしなやかなうどん。これが一晩経った次ぎの日にも保たれているというのだ。

以前、ここの大将と話をしたことがあって、「水加減・塩加減で何時間持つか調節できる」と事も無げに言うのでビックリした。そして試しに持って帰ったうどん玉は、確かに次の日にもつやつやモチモチだった。

場所は、旧国道11号(現在の県道33号)で郷東・鬼無から国分寺町に向かうと、やがてJRと並行して走るようになり、大きな溜池を過ぎたあたりの左側。

コメント

GAMさん、こんばんは。
このうどん屋さん、行ったことがありませんので是非とも行きたいと思うのですが、あまりにも説明がわかりやすすぎて、思わずニヤリ(^-^)。私は坂出方面からですので、33号の右側ですね。

それはそうと、フィルムの写真素敵です。いい色でてますし、私の好きなタイプなんです。これ、琴平なんですね。私も琴平商店街が好きでたまにカメラ片手にぶらぶらしたりするんです。アーケードの中の肉屋のコロッケとかおいしいですよね。あと、あのおまんじゅうとか。ふふふ。

また来ます~。

まるやさんは、大将の声が大きくて「美味しいうどんを打ちそうだな」と思わせる雰囲気があります。是非、ご賞味を。

坂出方面からなら、国分寺の端岡駅あたりを過ぎて、ShellのGSを過ぎたら意外と近いので直ぐわかりますよ。喫茶店のような店構えです(きっと、前は喫茶店だったのでしょう)

琴平商店街は、つぶさに見ていくと「渋い」店が一杯ありますね。コロッケ、おまんじゅう・・・大体目星はつきますが、まだチャレンジしていません。コロッケはずっと興味あるんですけど、なぜかいつも時間がなくて通り過ぎてしまうんです。

それにしても、アーケードのお肉屋さんの前で揚げてるコロッケやから揚げって、何であんなに美味しそうなんでしょう?

写真お褒めいただき、嬉しいです。考えてみれば、大方一年ぶりの「新作」アップです!本当は7月に北海道へ行った時のものがあるのですが「観光写真」だし・・・。これからも頑張ります!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/139-d39a011f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。