スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどんメモ8・夜遊びの友、黒田屋 



今日は、久しぶりにいきつけの店(ミュージック・バー?)へ飲みにいった。マスターからカウンターの常連客の人に紹介してもらったりして良い出会いもあった。

その人、昨年一年間のボトルキープが63本(!)を数えたとかで、年間最多本数のタイトル賞として店からグラス一杯¥2000位もするようなシーバスの最高級21年ものが贈られたところ。僕も一口あやかりました。ウィスキーは苦手な僕だけれど、流石にこの味は上品かつまろやかな口当たり。何より香りがいいね。そして、この人ウクレレも随分お上手だとかで、もし機会があれば「教えてくださいよ」という事でそこそこ話が盛り上がった。やっぱり、たまには夜遊びもしなくちゃね。

そんな気分の良い夜には、仕上げはうどん。帰り道の途中で、深夜・・・というより明け方までやっている「黒田屋」へGO。

黒田屋は、昔、全然美味しいとは思えず、「あちこちに店があり、夜中でもやっている」のだけが取り柄だと思っていた。ところが、1-2年前、ある県外の仕事の帰り、どうしてもうどんが食べたくなり、夜中2時も過ぎているのに、高松西IC近くの黒田屋へ飛び込んだら、なかなかどうして侮れない味だったりして見直した。それ以来夜中の帰り道、小腹が空いたらこの黒田屋へ寄る。

かくして、今日も気分の良い夜をうどんで閉められた。シアワセなり。

コメント

はじめまして。
「黒田屋」ファンの方は結構多いようですね。私も昔から好きです。
夜中にこんなに美味しいうどんが食べられる場所もなかなか無いですよね?
ボウルに山盛りのトッピング用天かす・ねぎをドンとテーブルの真ん中に置いているあたり、豪快で大変素敵です(笑)。
西インター周辺といえば、最近こんぴらやさんが出来ましたが、黒田屋の「閉店時間午前5時」はなかなか真似できないでしょう。高速道利用者にも大変好かれているのでは無いでしょうか?
「急にうどんが食べたくなる」衝動は、うどん好きならみんな経験がありますもんね!

emiさん、こんばんは。夜中にうどんが食べられるといえば、後はフェリー通りの「鶴丸」くらいですか?

僕は県外出身で、香川に来た当初(88年)はどんなに美味しいうどん屋さんでも2玉食べたら最後には飽きて食べられなかったんですが、今や連日うどんを食べてもOKな体になりました(笑)

「夜中にうどんが食べたくなる」のはもう、すっかり香川県人になったという証でしょうか?

これからもうどんレポート書いていきますので、たまに遊びにきてくださいね。

GAMさん、ご無沙汰です。酒の最後の一品、地方によって様々ですね。長崎県在住時代(大学生の頃)は、「とんこつラーメン」でしたが、こってりスープ+細麺には見事にはまりました。その後の最初の赴任先では「割子そば」で、さすがにとんこつからのギャップが大き過ぎて馴染めませんでした。皆さんビール飲みながらソバ食ってましたねぇ・・・。現在は年のせいか、あっさり系にシフトして「御茶漬け」が多いですね。梅干の効いたスッパイやつで。

churuさん、ご無沙汰しています。

酒の仕上げは、香川ではやっぱりうどん。もっとも、僕は滅多に外で飲まないんですが・・・(今回も「ジンジャエール」を飲みに行ったわけで・笑)

でも、密かにラーメンもいいと思っているんですよ。香川県はラーメン屋は少ないですけどね。

因みに、今まで酒の仕上げに食べたラーメンのベストは大阪・梅田、バナナホール近くの「揚子江」という店。超薄味なのに凄く複雑な味・・・。

酔った頭だったからかな?と思って、数年後再チャレンジしたとき、シラフでもやっぱり美味しかった!

でも僕も、最近「梅茶漬け」パターン、多いですよ~

ブログにコメントありがとうございました。
僕も、ウクレレ仲間とさぬきうどんツアーに行きましたよ。ちょっと名前は忘れてしまいましたが。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/134-25386c3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。