スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブな夜 

20041212011043.gif


高松市塩上町のカフェ「Speak Low」で、Kila-shipというオムニバスライブがありました。前々からファンの主婦シンガー・れおんさんが出ると言うことで、久しぶりにライブな夜。

Speak Lowはジャズ好きなオーナーが開いた、住宅街の中の隠れ家的なカフェ。ライブも出来るとあって最近アコースティック系のアマチュアたちが集まっているとは聴いていたものの、訪れたのは初めて。なかなかいい雰囲気のお店でした。

登場したのは、れおんさん、Bubbles、tamariの三組。いや、本当に行ってよかった。

れおんさんはいつものようにピアノの弾き語り。今日はシシリーアイランドでよく見るような、茶目っ気のあるレパートリーとは違って、少し格調高い雰囲気のステージ。新曲も「我が街」という演劇のテーマを手がけた時に出来たと言う、人々が寄り添って生きることをテーマにした感動的な一曲。でもMCになるといつものシャイで飾りっ気のないれおんさんに戻って会場を暖かく包んでくれました。今度は、ここでワンマンもしたいと話していたので、今度はたっぷりと、いろんなれおんさんを見たいものです。

代わって、Bubblesは男3人組のバンド、というよりユニット。なんと、ステージの真中にはテルミンが!ギターとキーボード、そして打ち込みが、先ずオリエンタルな雰囲気の曲を演奏。バックにはCGによるグラフィックが踊り、ちょっとサイケな雰囲気。80年代のフュージョン今風にやった・・・というか、そのフュージョンとハウスの更にフュージョンと言うんでしょうか?ずばりカッコよかった。

そして、tamariは麗しきお姉さんが二人で登場。れおんさんとは違ってガンガン弾きまくる力強いピアニストと表情豊かなボーカルの組み合わせ。最初2曲は沖縄民謡でスタートし、途中にはなんとはっぴいえんど「風を集めて」のカバー!なかなか僕好みの所を突いてきますねぇ。で、またこのボーカルのお姉さん、微笑んだ口元がなかなかチャーミングで、ちょっと、おぢさんはドキッとしちゃったよ(笑)。

これで約3時間・1ドリンク付き1000円とは、素晴らしき哉アマチュアライブ!





080908:このエントリーは、スパムコメントが集中しますのでコメント・トラバ禁止に致します。

「~な夜」というタイトルに反応しているのでしょうか?多分、そういう思わせぶりなキーワードを自動で探させて、自動で打ってくるのでしょう。

では、スパム屋さん、さようなら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。