スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年筆を一本新調しました 




お陰さまで、無事に娘が第一希望の高校に入学しました。「高校入ったらなにがしたい?」と訊くと「オシャレしたい」といいます。何故?さらに訊くと「野暮ったい格好してたらナメられる」・・・なんて言うので、「じゃぁ、本物のお洒落とはなにか見せてやる」・・・とばかりに、前々から行きたかった大工町の雑貨屋さん「漂泊(はく)」さんに連れていきました。

それで漂泊さんの場所を確かめるために久しぶりにBlogを覗くと、最新のエントリーが「セルロイド製の靴べら」。折しも、先日、会社用の新しい靴を買ったばかり・・・これまでも仕事先で脱ぎ履きするときに靴べらがなく困る場合が多くて、さらに新しい靴だから靴べらなしで無理やり履くのが痛くて仕方なかったので、「これはグッドタイミング」とばかりに喜んだのですが、エントリーを読み進むうちにさらに驚くことが。

なんと、一年前にお亡くなりになった「セルロイド万年筆の名工・加藤清さんの手作り万年筆のデッドストックが数本入荷しました」と。しかも「普段使いの万年筆」を目指した氏の万年筆は一本\7000程度。これはまたとないチャンスと思ったものでした。ただ、そのエントリーを見つけたのが日曜日で漂泊さんはお休みの日(27日)。

エントリーが上がったのが26日。月曜日はどうしても休めなかったので、今日溜まっていた振替休日をもらって、娘と共に行ってきた次第。

「実質、1日遅れただけだから全部売り切れることはないだろう」と、タカをくくっていたところ、なんともう残り2本だけ。入荷したのは10数本ということなので「ギリギリセーフ」というトコロだったのです。しかも僕はBlogでみた「茶縞」があればいいな・・・と思っていたら、まさにそれが残っていたのです!

そのことを店主にお話しすると、さも嬉しそうにこう言いました。

「うちの商品って、結構そういう感じで『渡るべき人のところに渡る』んですよ~」

思っていたより小柄なペンでしたが、トラベラーズノートとペアにしようと思ってたので、かえってこのサイズのほうが嬉しかったり。なんだかうれしいですよね。ペンに選ばれたみたいで・・・




さて、問題の娘は「オシャレ」についてなにか感じてくれたのでしょうか?店を出てから訊いてみると「お洒落って、周りの評価とは関係ないんやな・・・」とポツリ。

を、解ってるじゃないの!

スポンサーサイト

Extreme Super Full Moon 




昨夜(=今朝未明)は、月がもっとも地球に近づいた状態の満月、「Extreme Super Full Moon」だったのだそうです。11日に東日本大震災が発生し、なんともクサクサした気分の日本を明るく照らしてくれていました。

通常の満月よりも20%ほと大きく、30%ほど明るかったのだそうで、これは19年ぶりの現象だったとか。次回にこんな明るい満月を見られる保証もなく、今夜それに巡り会えたことに感謝しつつ、お月様に「カラ財布」を振ってしまった僕・・・

臨時収入があったら、義捐金しますからね。

RADAC・ブレーキ交換完了 

City Cyclesさんにお願いしていた、RADACのブレーキ交換が完了しました。

予定通りShmano/BR-R650のロングアーチ、ボルト留めタイプを前後。修理代金は交換・調整・消費税で\16,000強。バーテープがうまく剥がせなかったら新しいのにするという条件でしたが、問題なく綺麗に剥がれたらしいので、その分RADAC用にワイヤーロックをお願いしました。Raleighと共用に・・・と思ったんですけど、どうしても忘れがちなので。

ケーブルのアウターも交換することになるので、今までの無難なグレーから思い切って赤にしてやると、なかなかアクセントが効いた感じになりました。






今までのダイアコンペに比べても、ぐっとアームの肉厚が増し、いかにも丈夫な印象。実際に走りだしてブレーキを掛けても(当然ですが)キュとも鳴かず、じわ~ッと効く感じ。素晴らしいです。これで恥ずかしい思いをせずに自転車にのることができます。




バーテープは流用のため全体の印象は変わりませんが、ぐっと頼もしく感じられるようになったのは、いわゆる「プラシーボ」効果でしょうか?City Cyclesさんスパシーボ!(ありがとう)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。