スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一ヶ月で、3ボトル・・・(手書きBlog) 




この万年筆の最初のカートリッジは、「オーストリア製」という以外、一切素性不明のBlackでした。しかし無印良品にとっては「純正」であり、フローもよくて黒々とした発色も綺麗で、たかだか¥1000の万年筆としては感動的な一本とさえ思ったものです。

ところが、「恒常的な入手しやすさ」を求めてPelikanのカートリッジに変えた途端に掠れまくって、印象は最悪になりました。特に間違えて買ってしまったBlue-Blackの色の薄さは「喪中ハガキ」の薄墨並みで、ショートタイプだったとは言え6本も我慢しなくちゃいけないのか・・・と暗澹たる気持ちになったものです。

しかし、それをを使い切る直前ごろからイキナリ何かのツカエが取れたようにフローがよくなって、いかにもブルーブラックらしい濃い色になったんです。

いわゆる「当りがついた」ってヤツでしょうか?
スポンサーサイト

純正に勝るものなし?(手書きBlog) 




てっきり、ペン先がダメになってるのかと思ってた。純正インク入れたら、こんなに書きやすいペンだったんだ。考えてみたら、このペンは決して高価なもの(\10K)では無いけれど、高松三越のペンコーナーで色々書き比べて一番手になじむのを買ってきたはずだったのに・・・

ごめん、Waterman。



ながら花見 

昨日、土曜”サービス"出勤だったので、久しぶりに自転車でのんびりと出かけました。香東川の河川敷で桜の花を愛でつつ「ながら花見」。今年は、川岸に菜の花が咲き競い、とても美しい情景になっていて、家族やグループでバーベキューしている人が一杯でした。




そして今日は、久しぶりに「Full休日」だったので、やっと自転車屋さんで手入れ用のケミカル類を購入できました。

店長お勧めはRESPOという、少々高価でもバイクや自動車の世界で定評のあるメーカー。ロゴがポルシェに似ているのでてっきりドイツ製かと思いきや、しっかり「愛知県」製でした。サスガ自動車王国・・・。何がいいって、塗装・ゴムパーツを痛めないパーツクリーナー、そして、驚くほど延びがいいチェーンルーブ。特にチェーンルーブは小さめのヘアスプレー程度のサイズで2000円もするものの、ほんの少量でいいので個人的使用では1年で使い切ることも無いでしょう・・・とのことで、結果的にはコスト安。

それはそうと、5月30日(土)に、自己初参加となる自転車イベントに申し込みしました。今年デンマークで行われる地球温暖化防止会議(COP15)への協力イベントで、あの「しまなみ海道」をデンマークの駐日大使と走ろうというもの。詳細

ケミカル類購入のついでに「何か気をつけることありますか?」と店長としばし雑談。

「やっぱりパンクはつき物ですから、予備のチューブと工具少々」・・・出先ではパンクしたらチューブごと換えてしまうのが一番手っ取り早いそうです。ただ、その時アスファルトの上に直接自転車を転がすと傷がつくので「小さなレジャーシートがあるといいですよ」とのこと。やはり、慣れている人は細かいことに気が付くものです。

「あと、日焼けには充分気をつけてください」・・・5月末といえばしっかり日焼け止めしないと大変なことになります。Tシャツ一枚+短パンでは危険です。長袖Tシャツを一枚、それとジーンズよりは伸縮性のあるズボンの方が汗をかいたときにペダリングがしんどくならないですよ~とのこと。

5月末まではまだ時間があるので、ゆっくり検討しましょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。