スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主役の帰還(TA-F333ESR) 




永らく修理に出ていたアンプ、SONY/FA-F333ESRが帰ってきた。不思議なことに音響屋・Kさんのところについた途端ホワイトノイズは消えて、症状が再現しなかったらしい。ただ配線を一箇所いじったらボソボソっと大きな音がして、その配線を留めたネジを増し締めしたらそこからは何もいわなくなってしまったらしいので、案外そのネジの緩みが原因だったのだろう。

とはいえ、20年近くも現役で働いてきたからここらでリフレッシュしてもらおうということで、ゆくゆく劣化しやすいコンデンサやトランジスタなどを交換してもらった。これでまた10年は現役でいけるだろう。

音響屋・Kさんの話では、このアンプには一切奇をてらったり特殊な回路はなく、とてもオーソドックスなアンプだったらしい。「ただ、ゲインは大きめのアンプなので共振を防ぐ為のバランス(コンデンサや抵抗の値の選び方)には独自の妙があるかもしれないね」・・・との事。

あと、終段の石はかなり特殊なものが奢られていたいたらしい。石のメーカーからSONYなどへ直納するスペシャルバージョンで、広域の伸びがいいものだとか。だからこれが壊れたらいよいよ最期になる。代替はあるだろうが、音質に大きな影響がでて「別物のアンプ」になってしまうからだ。

さて、大汗をかきながら配線をしなおし、最近のお気に入り「風にさらわれた恋/Linda Ronstadt」を聴く。一曲目の「Lose Again」の冒頭から感動してしまった。この曲はピアノをバックにしただけのLindaの圧倒的なボーカルからスタートする。「またひとりぼっち」という邦題がついているとおり、その孤独感をこのイントロだけで聴かせてしまうLindaはやっぱり凄い!




この部分の静けさが既に違う。ただ静かなだけでなく空間の広がり方からして、代替に借りていた「TRIO/KA-7100D」とは全く違っている。それからリズムが入ってきて段々盛り上がっていくのだが、ドラムのスネアやらタムの響き方がとても生々しくて、最新リミックスですか?と思うほど。少々大きめの音量で聴くとLindaの声と全ての楽器がグイグイと前に出てくる感じ。いや~、よくぞ戻ってきてくださった!

修理費はパーツ代(実費)+気持ち=\14,000。勿論、もっとお金を出せば良いアンプも買えてもっとシアワセになれるかも知れないけれど、それとは違うシアワセに浸っております。

スポンサーサイト

Bad Ass Coffee 




かねてからKona Coffeeの手に入る店を探していたのは、このBlogでは何度も書いてきましたが、やっと普通に買えるお店が香川県に登場しました。それは、ハワイはBig Islandに本拠地を持つBad Ass Coffee。なんと、この度オープンしたイオン綾川店の中に入ったのです。

ハワイ島へ行ったとき、初めてBad Ass Coffeeを見て「なんという名前だ!」と驚きつつも、コーヒー好きとしては体験せねばなるまい・・・と、カイルア・コナの町のショッピングモールで一杯飲んだのが懐かしい・・・

さて、Kona Coffeeを買おうにも、亀井町のCafe Ohanaは閉めちゃったみたいだし、○ルディは言わなきゃ勝手に豆を挽いちゃうような店だし・・・そこでBad Ass Coffeeが上陸したならいつでもKona Koffeeが手に入る!と喜び勇んで行ってきました。

いかにも作り物なのがご愛嬌だけれど、椰子の木などがしつらえてハワイを意識した店内。照明は☆バックスなどよりもぐっと落として落ち着いた雰囲気。いくつかはソファがあって、かなりくつろげる感じ。早速アイスのKona Coffeeを頂戴した。

むむ・・・このハードな苦味。Kona Koffeeだ(当たり前ですが・笑)。コーヒー好きな私としては、シアトル系のコーヒー(☆バックス)は、あの酸味のキツさがあまり好きではなく、店の雰囲気が好きなのはTully'sなものの、味はいたってオーソドックス。あの、ケニアのストロングコーヒーと似た味のKona Coffeeがいつでも手軽に飲めるのはとっても嬉しい。

店内にはコーヒーグッズだけでなく、TシャツやSexyなフラ・ドールなどハワイアングッズも売っていて、マスコットのロバ人形(¥1900)、欲しくなってしまいました(笑)真空パックの豆も売っていますが、約200gで3000円弱と、相変わらず「お高い」コーヒーだけどね・・・


江戸の粋 

三木町のインテリアショップ「5ペニイズ」さんで開催中の「そうめん鉢 & 風りん」展にいってきました。




僕は昔から「ガラスもの」が好きでしたが理由はこれといってありませんでした。でも、この「そうめん鉢 & 風りん」展に作品を出品している安田茂さんが、ガラスに魅せられた理由として「工芸の中では光を通す素材を扱うのが、唯一ガラスだから」と仰ったのを聞いて「眼から鱗」。

そうだったのだ、光を通すからには表面だけでなく、内部にまで手の込んだ細工をしても生きてくるのですね。気泡であったり、密度の違いによる屈折の変化とか・・・その安田さんの作品で、太陽の光にさらすとピンクの金魚が浮かび出る鉢が出品されていたそうですが、残念ながら「即売」だったとか。そのほかにも色々な作家による陶器・ガラスの作品が見られます。

そして、ギャラリーの天井からは、今や東京江戸川区の「篠原風鈴本舗」でしか作っていないという伝統工芸品「江戸風りん」がいくつも釣られて、カランカランと涼しげな音を立てています。今まで、風りんといえば「南部鉄」のものしか興味がなかったのですが、いかんせん南部鉄は音は涼しいけど、見た目は重い。でも、ここに釣られた江戸風りんは、音こそ素朴だけれど、見た目が本当に涼しい。

子供にせがまれて・・・というより、自分が欲しかったので、金魚柄の風鈴を一つ買ってきました。折りしも梅雨明けした四国の空に透明なガラスがきらめいて「いい感じ」です。全体を鮮やかな赤に塗って、黄色の小判があしらわれた「縁起物」な風鈴もあって、とても楽しい展示でした。(一瞬、「フェラーリ風鈴か?」と眼を疑いました・笑)

篠原風鈴本舗の解説カードには「売り声も なくて買い手の 数あるは 音にしらるる 風鈴の徳」という和歌が紹介されています。昔の風鈴売りは大声で売り歩くことはせずに、江戸風鈴を無数に釣った天秤棒を肩に、練り歩いていたそうです。あの「カランカラン・・・」という音が、何よりも効果的な「売り声」だった訳ですね。

一個の風鈴が立てる音も悪くありませんが、沢山の風鈴がバラバラな音程を奏でる音を聞けば、子供にせがまれるまでもなく買ってしまいます。ただ、我が家の居間は非常に風通しが悪く、せっかく釣ったのに「カラン」ともなってくれないのが玉に瑕ですが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。