スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Timbuk2 Originals Commute 




これが、1月の頭から2月の頭までの一ヶ月間、探しに探した「Timbuk2 Originals Commute」です。今朝、下の子と一緒に開封しました。地球儀を見せて「ここ(アメリカ)から来たんだぞ」というと、その一瞬は盛り上がりましたが、すぐに興味は「ピタゴラスィッチ」に移ってしまってThat's All orz... まぁ、ピタゴラスィッチは嫌いじゃないからいいけどね。

さて、今回のTimbuk2 Originals Commuteは、本来バリスティックナイロン製のCommuteを創業当時の素材「ワックスド・キャンバス」に変えたスペシャル・バージョン。落ち着いた風合いで、大人でも充分に使用できる雰囲気だ。

ただ、おかしなことに今回入手したOG Commute、本国のサイトにも日本の代理店のサイトにも載っていなかった「Brown-Black-Brown」。結果的には非常に気に入っているけれども、貴重なバージョンなのか、単なるバリエーションの一つなのか、または「パチモノ」なのか?

Levisですらフィリピン製のご時世だから、アメリカブランドだからといってMade In USAなんて事はありえないと思っていたら、案の定「ベトナム製」だった。でもベトナム製であるということは、CやKよりも数段丁寧に作られた、いわばある意味「品質保証」をつけてもらったようなものだ。世界では、日本に次いで「真面目に物を作る国」がベトナムだから。もっとも、今や日本はベトナムに抜かれている可能性はあるけど・・・話がそれたけれど、非常に手間の掛かった、いい作りである。

08Spring/Summerバージョンでのコストダウン(特にCommute)には目を見張るものがあったから、この「Originalsシリーズ」は、Timbuk2の最後の輝きかもしれない。このバッグがアメリカからの配送費を含んでも日本より安く買えたことに非常に満足している。

スポンサーサイト

はるばるアメリカからの荷物 

かねてから探していたTimbuk2のバッグが届きました!

ワックスド・キャンバスバージョンの「オリジナル・コミュート」は大人気だったようで、発売からたかだか2ヶ月程度の1月には、日本中の店をインターネット経由で探しても殆ど売り切れて全く見つかりませんでした。しかも、このオリジナルシリーズはTimbuk2も、何の気まぐれか07Fall/Winterシリーズで作ったのみで08Spring/Summerシリーズではイキナリ廃盤になっているのです!しかし、何故かこのバッグに関してはあきらめきれず、ついにアメリカのショップから直接買い付ける(個人輸入)という荒業に出てしまいました。

二つくらい前のエントリーで「個人輸入代行」「個人輸出代行」の業者の事を書きましたが、いずれも手数料などを含めると、定価\16000のバッグが\20000超となってしまい、この程度の買い物では割高感の方が先に立ってしまって、今回はパス。

しかし、サスガ生産本国・・・こまめにインターネットを探せば在庫はあちこちにあって、しかもオリジナルシリーズは本国では人気がないのか、結構バーゲン価格だったりする。探しているうちに時間が経ってしまったのも功を奏して$80(約\9000)、送料$40を足しても$220(¥13000強)で買えてしまった!ちゃんとWorldwide対応の店を探せば、こんなに安く手に入るんだね。目から鱗です。




注文して10日ほど・・・このほどやっと我が家に届きました。いつもなら(特にAmazonで買ったCDなど・・・)家族が寝静まってからでもバリバリとあけてしまう所だけれど、今日は何故か空けたくない。下の子が興味シンシンで箱を開けるのを「今か今か」と待っていたのが容易に想像できるから、明日の朝一緒に空けてやろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。