スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米朝一門会07@金丸座 


今年も(と言っても06年の開催は無かったようですが・・・)、金丸座で米朝一門会が「無事」行われました。米朝さんも最近はいよいよ好不調の波が大きいらしく、今年のチラシにはついに「体調により出演できない場合があります」という但し書きがついてしまいました。そんな訳で、いつもすぐ売切れてしまうチケットも今年は更に売れ行きが良いとの事で、今年は「大入り袋」が配られました。

さて、恒例によりワンポイント感想を・・・

○歌之助:演題「桃太郎」
(歌々志から)歌之助を襲名したばかりと言うことですが、まだまだフレッシュさのある語り口で爽やかな印象。お話のイントロが枕になっているんですが、子供を寝かす為に昔話をすると「親:昔々あるところに・・・」「子:昔っていつごろ?」と問答してイラつかせる下りは「くれよんしんちゃん」でそのまんまパクられてますな・・・

○すずめ:演題「高倉狐・すずめVer」
すずめさんは、実は有名な女優さん。ですので、「噺家」としてはやっぱりちょっと起伏に乏しい感じがしました。それと、ちょっと話を端折り過ぎてインパクトが薄れてしまったようです。お話は短めに切り詰め、和歌山の「舞」を披露してくれました。舞は詳しくはないのですが、流石の貫禄です。

○小米:演題「鏡屋女房」
鳥取出身の「ずーずー弁」を最大限に生かして田舎モノの「厚かましさ」と「滑稽さ」を余す事無く表現した感じ。なかなか追随できない味でしょう。

○米朝:演題「始末の極意」
やはり、米朝師匠の登場はそれまで以上の拍手の大きさ・長さ。足元の不安はあるものの、まだまだお元気な印象です。ただ、残念ながら小話のパートが多くなり、話の勢いもどうしても弱くなりがち。一箇所ネタがループしてしまって、ちょっとハラハラ・・・。この金丸座では、2回目の「始末の極意」となりますが、あらすじや落ちを知っていても笑わされてしまうのは、さすが名人芸。

○南光:演題「義眼」
代表的な枝雀師匠のネタですが、さすが一番弟子。今年も枝雀直伝のドタバタ・デフォルメ・脱線オンパレードで大笑い。落ちとしてはナンセンス系のめちゃくちゃに面白い話でもないのですが、やはりそこに至る登場人物たちの動きや表情が聞き物で、これは枝雀流にはピッタリのお話でしょう。

○ざこば:演題「子はかすがい」
ちょっと前までは、朝丸時代以来の「やぶれかぶれ」な「前のめり」の話し方と、本編より枕の「愚痴」の方が面白いと思っていたのですが、最近は静かな人情ネタをやる事が多い様です。でも、これがまたとても味があって、不覚にもホロリとさせられてしまいました。あまり「嫁さんの愚痴」が入らなかったせいか今年はしっとりと閉めてくれました。

前回の一門会のエントリーを見ると南光師匠がトリでドッカンドッカン笑って終わったので「あぁ、腹いっぱい笑いました」という気分で出てきたのですが、今年はほんのり温かい気持ちで帰ってきました。やはりトリの印象でその落語会の印象が大きく変わるんですね。

ただ、今回は前回・前々回に比べてちょっと散漫な印象だったのが残念です。それと、さすが大所帯の米朝一門・・・個性も様々、新しい境地を切り開いていて心強いのですが、僕としては、米朝師匠の端正で上品な正統派上方落語をソックリ引き継いだ噺家さんも見てみたいのですが・・・



スポンサーサイト

萎えるな~ 

自信作がFlickrでは大して人気がないのは良くあること。
でも、この作品は本当に会心の出来だったのになぁ・・・


(注:ダストを目立たせる為、かなりコントラストを上げています)

その上、Dustまで写りこんでいることが発覚して、
更に落ちこんじゃいました。

あ~、銀塩では傷に悩まされたし、DSLRではダストか~
萎えるわ~・・・orz

馬鹿らし・・・ 

行きつけのレコード屋さんでセールをしているというので、土曜のサービス残業の帰りに寄って来ました。新品10%、中古20%引きというが、まぁ大して欲しい物もなく、取り敢えずJames TaylorのApple盤紙ジャケ仕様があったので一枚だけ買いました。




新品で2545円だから、10%で254円引き。取り敢えず前々から欲しかったCDなのでホクホクと帰ろうとしたところ、駐車場代で400円も取られちゃいました・・・

馬鹿らし。今度からバイクで行かないと何やってることやらわかりゃしない。

こんなん出ました・・・ 

Flickrにアップする「新作」が底をついたので、ネガ箱を漁ってたら、こんなん出てきました。

Boredom
PENTAX MX + SMC PENTAX K50/1.2

試しにアップしたら、凄い勢いでviewが上がりました。恐るべし、にゃんこ・・・

K2DMDが・・・ 

今日、時間があったのでカメラショップに行って目を剥いた。何と、中古コーナーにK2DMDが忽然と置かれていた。しかもストラップを釣るリングについていた保護用の皮(ビンテージ一眼オーナーならすぐ判るはず)も残ったまま「デッドストックか?」と思うほどの美品である。それが、SMC PENTAX M50/1.4がついて34800円!こんな値段になってしまったのねぇ・・・と、嬉しいやら悲しいやら。

数年前の僕なら、もしかしたら無理してでも買っていたかもしれない。実際、今数万なら余裕はあり、嫁さんに頼み込んで援助してらえば決して無理な金額ではない。しかし、既にデジタルに軸足を移した僕にとっては、もはや「静態保存」の為の銀塩一眼を購入するゆとりも意欲もない。

それに、高校入学時にタッチの差で新品を逃した僕は、大学入学直後に4年落ちで買って以来、何の遠慮もなく使い倒してきたK2DMDがある。金毘羅さんの参道で三脚を倒して軍幹部を潰したり、長い間悩まされたプリズムの腐食を、初めて海外サイトから通販で買ったジャンクKXから移植して直したり・・・と、僕の写歴は、この傷だらけのK2DMDと共にあったといって過言ではない。

最近でこそ原因不明のバッテリー消耗があるが、基本的には何一つ機構的な不具合はなく、長谷川工作所さんという心強い主治医も居る。今ここでお金を工面してこの美品K2DMDを買えば、何だか裏切り行為の様な後ろめたさに襲われるに違いない。

多分、数日経てばどこかのマニアが嬉々として買っていくだろうし、どうやら、今日は見なかったことにしておくのがよさそうだ。見てないんだから「どこで売ってますか?」なんて野暮なこと訊かないでくださいね。これでもちょっと悔しいんだから・・・


我がK2DMDも、K50/1.2+MortorDriveMDで精一杯おめかししたら、案外綺麗じゃないの!まぁ、近目で見ると全体にペイント浮きや、角のスレが目立つんだけど。

早く、こいつの正統派後継機たるデジタル版「K1D」、出ないかねぇ?
僕的には、LXを「K3」と見立てるという説を採って「K4D」ってのもアリなんだけど・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。