スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せて貰おうか、世界最高の機内サービスとやらを。 

かねてより書いていました社員旅行として、2/14-18の日程でシンガポールへ行ってきました。「買い物天国」といわれても、「アジアンスィーツの宝庫」と言われても、野郎の僕には出発の朝でさえピンと来ていない有様でしたが、そんななかで楽しみにしていたのが「充実度世界一」との呼び声も高いシンガポール航空の機内サービス。

機内に入ると、シックなパープルのファブリックで統一されたシートやカーペットが落ち着いた雰囲気。そして驚いたのが客室乗務員の、特に女性のユニフォーム。何とピエール・バルマンのデザインによるバティック様式の民族衣装風なのです。(知ってる人には全然珍しくもない話でしょうが)そして、これがタダでさえ美女ぞろいのスタッフを、更に美しくエキゾティックに見せてくれて、正直言って見蕩れました・・・(中にはエキゾティック過ぎる人も居ましたけど・笑)

でもそれだけなら「世界一」とも言えないでしょう。が、彼女達の身のこなしの無駄の無さと言ったらどうでしょう?頼んだ事はたちまちやってくれるし、常に左右を見回しながらスタスタと機内を歩く姿は実に颯爽としたもの。

これだけ書くと、正確無比な「マシン」のような印象もあるかも知れませんが、時折、客とのやり取りの中でこぼす笑顔の明るさは全く不自然なものではありません。今年60周年を迎えるにあたって、機内誌にその歴史が書かれていましたが、彼女立ちの笑顔は「笑顔のシンガポール・ガール」として有名なんだそうです。

例えば、消灯前のノンアルコールのサービスの時、僕らの席の受け持ちだった日本人スタッフは、僕の隣の同僚(女性)がドリンクサービスから機内食まで白ワインを何回もお代わりをしたものだから、同僚の顔を見て思わず「白ワインはいかがですか」と言いかけて一同大爆笑。「よかったら(ワインを)お持ちしますよ」という彼女の笑顔を見て、「酒飲み認定」された当の同僚も「可愛い」としきりに申しておりました。それまでのテキパキとした印象とのギャップが余計そう思わせてくれたのでしょう。

よく見ると、日本の航空会社に比べて乗務員が倍くらい居るのでは?と思うほどの人数です。だからこれだけきめ細かくサービスが出来るのでしょうね。

さて、これが飛行機での楽しみの一つ、シンガポール航空の、行きの便の機内食です。




ビーフと鳥料理の二種類があったのでビーフをお願いしましたが、これがコクのある味付けと軟らかいビーフで本当に美味しい。特にその量が多すぎず少なすぎず絶妙な気がしました。あまり豪華すぎても食べきれないし、結構時差のある地域へ行くときは機内食は少なめにして、到着後「炭水化物系」のものをドカッと食べるといいと何処かで聞きましたから、この量は理に適っている気がしました。

うん、シンガポール航空の機内サービス、世界一の充実度という評価を何年も連続で取っているだけのことはありました。これでシンガポールという国も良かったら案外好きになってしまうかも・・・という予感の内にウトウトと眠たくなってきました。

続きを読む
スポンサーサイト

CCDクリーニングを、やる 

一説によると、ペンタックスのDSLRはあまり機体内のゴミが発生しないと聞くけれど、所詮は工業製品であり他メーカーと変わりはないと思っている。半年も使えば、それほどレンズ交換を頻繁にしない僕でさえこんな有様。




最近はf5.6以上に絞ることが少ないからあまり気にしないけれど、やっぱり気持ちが悪いから確かめてみたら案外大物がポツポツあったのでちょっとショック・・・

で、一度、定石どおりブロアーで吹いてみた・・・




いくつかは吹き飛んだようですが、真ん中辺りのゴミはそのまま残っており大して効果はなさげ。それでついに買いました。「タタミィ棒」こと、クリーニングキット。




「PENTAXのサービス部門でも使用しています」という一文が頼もしいけれど、注意書きには「本製品の使用によるセンサーの破損などについては一切保証は利かない」旨がしっかり書かれており、結構緊張を強いるんだよね~

でも一度は通らないといけない道なんだな、DSLRである以上。

★一時間後★

やってみました、クリーニングキット。結構簡単ではありましたが、やっぱり怖いね~「下手するとCCDに傷」とか「ピント不良になる」なんて書いてあるし・・・

スタンプ面はCCDに対して1/3の高さ、1/4の幅の大きさなので、12回くらい場所をずらしながらペタンペタン・・・押し付けるごとにSRのジジジという音がして何だかヤな気分だけれどナントカやり遂げました。

で、結果↓




へっぴり腰でやったからか少し残っちゃいましたが、自分でやったにしてはまぁまぁの結果でしょうか?今度はもうちょっとしっかりやろう~っと。

Spacy100-初給油 

Spacy100が、やっと初給油を迎えました。今は慣らし中ということで、スロットルはハーフまで、時速なら平地で60-65Km/hを目安として走っています。

燃費は186.7kmを走って、5.25L給油=35.56Km/Lという事になりました。

SRXの時は通常24Km/Lだったので、1Lあたり10Kmは燃費改善(48%UP)ということですね。

Spacy100は確かに非力なバイクであり、少々モタツキ感が否めないので、今回は試しにハイオクを入れてみました。なんだかトルク感が増したような気がします。これなら燃費アップも期待できそう。レギュラーが\128/Lでハイオクが\138/Lと、1Lあたり7%しかアップしていないなら、充分元は取れている事になるので、しばらくハイオクで行ってみましょう。

・・・考え方、合ってるのかな?寝る前に簡単に計算しただけだからちょっと心配。

シンガポールのお供はK100DかT2か 

いよいよ、来週に迫ってきました。シンガポール。それにしても、今日、説明会があって益々ユーウツになってきました。本当に、息苦しそうな街だ。

ただ、今日は同僚らとどんなオプションツアーに行くか話をしていて「ビンタン島」へ行くことに。特にカヤックをやったりマングローブを見に行ったりしようと盛り上がった。どうせグアムのようにレンタカーで走り回るのが楽しい場所ではなさそうだから、その分オプションツアーで楽しむことにしよう。

問題は、カメラをどれにしようか?K100Dを持って行きたいところだけど、チャイナタウンやリトルインディアに持っていくと、目立つDSLRは強盗に会いそうで怖いから、コンパクトなT2だけで行こうかな?なんて思ったり。

丁度今時は、旧正月でチャイナタウンの夜が綺麗らしいので、そうなるとK100DのSRが威力を発揮しそうだし・・・悩むところだ。



長尾の竹炭 

美味しいとんかつの話の後でナンですが、我が家は愛犬・チョコのお陰で結構臭いのきつい場所があります。それが家の裏へ入る路地の入り口で、ここはお隣さんの庭を隔てて玄関前に当たります。

家の真裏に小屋のあるチョコは、自分の家の前で用を足すのが嫌で、一番遠いこのポイントを「そこ」と定めているようなのです。冬場の今でさえ結構臭うのですから、夏場は尚の事・・・で、この場所の脱臭の方法を考えていたのですが、やっといいMONOを見つけました。




それが、竹炭!マイナスイオンでリラックス効果を発揮したり、お風呂に入れるとアトピーに効いたり、脱臭したり・・・と万能選手なのはよく知られているところ。

その竹炭を、道の駅・長尾で発見しました。竹の姿をそのまま残したものから粉にしたものまで色々な種類があったので、部屋に置くためにクラッシュタイプと、チョコの臭い消しのために粉タイプを買ってきました。

家に帰ると早速粉を撒いてみました。チョコは「餌をくれるのか」と思って纏わりつくものの、妙な黒い粉を撒き始めたのでちょっと引いた模様。しまいには舞い上がった炭の粒子でくしゃみまでする始末。

が、なんと!翌日になるとあの臭いがすっかり消えているじゃあ~りませんか!すばらしい、竹炭パワー!


  ↑臭いの元

続きを読む

Tasty6(香川)・讃岐黒豚のとんかつ 

道の駅の隣に隣接したレストランと言えば、普通の人は十中八九「ドライブイン」的な店として注意を払わないだろう。僕も同じだ。が、道の駅ながおの東隣にある「ほしごえの里」はちょっと違った。「香川県で讃岐黒豚の料理を食べられる唯一のレストラン」と言うのが謳い文句というのは、つい最近知ったこと。

とんかつを始め、豚肉料理愛好家の私としては行かねばなるまい・・・と食べてきましたよ。「讃岐黒豚のとんかつ」




「分厚い・でかい」が第一印象。そしてお味は「美味い」の三拍子です。程よい歯ごたえの肉は淡白な味なれど、噛締めると甘い。透明感のある、カリッと揚がった衣も軽やかな印象を助けてくれる。

普通、僕はとんかつにはソースをタップリかけて食べるけれど、ここのとんかつにはあまり濃い味のソースをかけたくない。それほど肉の本来の甘みがいいんである。ご膳にはポン酢・大根おろし・ソースが付いてくるが、今回はポン酢+大根おろしだけでいただきました。

実は、3日前にも仕事でこの店に立ち寄り、讃岐黒豚のステーキを食べたのだけれど、全く同じ印象。赤みの残るレアな焼き上がりの肉を、鉄板にジュージュー押し当て食べるのだが、わさびと荒塩でいただくのが一番美味しかった。「潔い味」と思った。

香川県は農畜産物に力を入れており、豚は「讃岐夢豚」と言うブランドを推し進めている。県内のスーパーのどこででもお目にかかるものだが、讃岐黒豚は意外に少ないと言うのは「非常に飼育が難しい豚」なんだからだとか。それがこの店では年中頂けるのは、この店がファーム直営の、いわば「アンテナショップ」ならでわの事、らしい。

だから、とんかつ定食\1000(ステーキは\1300)と、僕の基準では高級店という部類であったとしても、とてもリーズナブルという四拍子をつけられるのです。

ご馳走様・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。