スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追体験・Tomita-The Planets 




昨日、久々にHard ●ffに行ったのでジャンクコーナーを見ていたら、期せずして「冨田勲/The Planets」のLPを発見しました。しかも、ダブルジャケット仕様の初版を・・・

このアルバムが出た77年当時、リアルタイムで兄が買ってきたのが、この初版のLP。実は「惑星組曲」を聞いたのはこれが初めてしたが、そこで聴いた木星のテーマの美しさ・雄大さに感動、金星の神秘的な女性のハミング(勿論シンセですが)に続いて天空から舞い降りてくる音のヴェール・・・一聴して、既存の楽器ではあり得ない、シンセサイザーの魅力のとりこになりました。

当時相当に話題になっていたようで、このアルバムのために全紙ポスターが作られていたのです。一見無造作にパッチングされた冨田氏のMoog Synthesizerとキーボードが前面にあしらわれた、機械オタク垂涎のデザインでした。あれはカッコよかった・・・

そんなこんなで、当の兄よりも僕のほうが良く聞いていたのではないか?と言うほどの愛聴盤です。それに関連して、小沢征爾のオーケストラ盤を聴いたという訳ですから、木星を聴いて「平原綾香のパクリじゃん?」という今の若い子を笑えない状況だったりもするのですが・・・

さて、この冨田勲/The Planetsの何が凄いといっても、まだ楽器としての存在を確立していない、「音響実験装置」としてのシンセサイザーを駆使して作り上げた「一人オーケストラ」と言う事もさることながら、その録音のすばらしさにあるのです。

その当時は前後左右にスピーカーを配する「4chステレオ」も一時の流行を過ぎていましたが、このアルバムでは、冨田氏がライブ演奏を意識して、2chのままで4ch並みの立体音場を作り上げているのです。試しに左右のスピーカーと自分の頭を正三角形の位置関係にしてこのアルバムを聴くと、音が自分の身の回りをピョンピョンと飛び跳ねたり、グルグルと纏わりついてくるのに驚く筈です。

これだけ惚れ込んでいる作品ですから、当然CDでも持っています。でも今回このアルバムを買わずにいられなかったのは、CDのミックスにあります。

このアルバムが初めてCD化されたとき、冨田氏のイベント「サウンド・クラウド」の為、当時の最新の再生装置・Lexicon用に最適化されたものをドルビーサラウンド方式でミックスしたと謳っているのですが、普通のステレオで聴くとアナログ盤のときのような「極端な」音の飛び出しが感じられず、せいぜい自分より前でしか動き回らないのが不満で不満で仕方がありませんでした。一方で、中学時代の記憶なんてそんなものかな?という諦めもありました。

そんなバックグラウンドの中、今回ジャンクのLPが\210円。ジャケットを見る限り状態は良さそうです。これは「買い」でしょう。実際に家であけてみるとジャケットの内側は結構「カビ」臭く、思ったほどいい状態ではありませんでしたが、盤そのものは、たまにプチプチと言う程度の、30年も前のアナログ盤としては申し分のない状態です。

早速、大好きな金星~水星のパートを聴きます。お~飛び出す飛び出す!曲間に設けられた宇宙船の機材が発するビート音は明らかに部屋の右上空から降ってくるし、「翼を持った使者」が僕の背中まで廻って飛び回るじゃありませんか!これですよ。

買ってよかった、アナログ盤「Tomita/The Planets」!

続きを読む
スポンサーサイト

東京・もう最終日 




いやはや、3日間の東京出張なんて一瞬にして過ぎてしまいます。
今回は、初日は会議の後、仕事相手とプライベートな夕食で「高級とんかつ」、二日目はペンタックス・フォーラムでK10Dに触ったり、イシダさん夫妻と新宿の隠れ家的カレーショップで久しぶりの親交を暖めたり・・・と、とても実りの多い出張となりました。

行き(16日)はJALがストをするかどうかでやきもきしたけれど無事飛びました。帰りは特に問題なかったのですが、東京はとてもいい天気。羽田を飛び立ってすぐに、僕がこの航路で一番好きな風景、中央アルプスが冠雪した姿を見事に見ることが出来ました。

いよいよ、冬突入という感じ。帰り着いたら香川もずいぶん冷え込んでいました。

東京・二日目(PENTAX FORUMにて) 

今日は仕事関係の展示会見学の為、事実上フリータイム。なので朝一で新宿のペンタックスフォーラムで注目のK10Dを触って来ました。

(以下061118補足)

まずは、何気に見たらK100Dとほとんど変わらない姿で、持った感じも思った程重くはありません。一説によるとK100Dの「プリズム搭載」を見送ったのはSR搭載による重量増とのバーターということでしたが、実感としては「考えすぎ」だったような。これは本当にプリズム版のK100Dsが出るかも知れないね。

やはり連射速度が上がっているだけに動作は小気味良い。某巨大掲示板ではシャッターラグが酷く叩かれていたけれど、それに関しては、実は僕的にはK100Dでもそんなに遅いとは思っていなくて、K10Dでも同様。ただ「印象」だけだけど、シャッターを切ったときのフィーリングが若干良く感じた。でもシャッター音は、防滴仕様の為か、少しくぐもっって頼りなく聞こえ、K100Dの方がキビキビした印象が残るのが面白い。

誤解を恐れずに言えば、K100Dを買って一ヶ月もしない内にこの程度の瞬間は撮れるんだから、シャッターラグ云々で叩く人達は「単に、感覚が鈍いんじゃないの?」という感じだ。(8月・名古屋港水族館にて)

ファインダは当然ながら大きくて◎。アクセサリーの拡大アイカップは、実はK100Dの方が相性いいとの事。まだ発売はしていないんですが、女性スタッフがわざわざサンプルを持ってきてくれてK100Dに実際に付けてくれました。「形状が多少違うので」と自信なさげにいうけれど全く問題なく「ポン付け」。さらにK10D並の見え具合になり、これは使えるね。

画質に関しては、カタログに登場する写真が数点、パネルになって展示されていましたが、正直、僕のレベルではもう云々言えません。他と比べて本当に「画質革命」というに相応しいかは分かりませんが、これで不満なら銀塩に戻ります。

その他、色々話もして貰って心地よく退場。噂通り、いい雰囲気の場でした。





続きを読む

今日から東京出張(Tasty5・アキバの隠れ家「丸五」 

今日、明日と東京出張。会議も済んで、今夜は仕事相手とプライベートな夕食でした。

(以下061119加筆)

この秋に彼と仕事をしたとき、さぬきうどんの話から「東京で美味しい讃岐うどん=丸香」の話になって、その流れで11月の出張は「水道橋に宿泊」と言う話をしたら「その辺は『庭』ですから・・・」との事。

じゃぁ、とんかつ・いもやはご存知ですか?という話になって、「ならば、もっと美味しいとんかつ屋サンにご案内しますよ」と言うわけで、夕方ホテルロビーで待ち合わせ、勇んで出発。

てっきり水道橋近辺で・・・かと思いきや、JRに乗って秋葉原まで。たったの二駅です。まず彼は「最初に僕の買い物に付き合ってください」と言って「秋葉館=通称バカン」へ。パソコンお宅の気のある彼はさほど時間もかけずパッパとパーツを見繕ってレジへ。

まだ7時ごろの、人々がごった返す路地に戻り、今度はちょっと奥へ。「今度は秋葉王=通称バオー」の前からさらに奥に。この頃から少し人通りが少なくなってくる。

「もうすぐですから、いや、もう見えてますね」と彼。
「あぁ、そういえば油とソースの香りがしますね」と僕。

「この店はね、ちょっと前まで『戦後の焼け残りか?』ってくらい汚い店だったんですよ」と言うことだが、今はなかなか小奇麗な店舗だ。店は二階建てになっていて、一階はほぼ一杯だったので二階へあがる。上がりしなにメニューを見ると、ロースかつ定食=¥1500、ひれかつ定食=¥1900位ということなので、いもやとは対極の「高級とんかつ店」らしい。

「ここはね、あまり若い奴来ないですから静かでしょ?大体、アキバに来る奴らは、買ったものをすぐ試したいから長居しませんからね・・・」なるほど、さもありなん。

さぁ、程なく出てきたのがこちら↓


透き通るような明るい色の衣が、すでにオーラのような輝きを放っている。うん、これは旨そうだ。ここの豚は「三元豚って言って、凄くいい豚を使ってるんですよ」・・・キャベツにドレッシング、とんかつにソースをかけて頂きます!

おお、旨い!サクサクの衣からは上品に澄んだ油が染み出し濃厚なソースと溶け合っていく。噂の三元豚はあくまでも歯ざわりやわらかく、噛締めるとほんのり甘い味がする。その三者のコラボレーションが、まさに絶品です。

特筆モノは「赤だし」。一口すすると「いったいどれだけの鰹節を使っているのか?」という、香ばしい香りと硬派な味。これだけもう一杯頼む彼の気持ちも良く解かる。

ご飯は一杯お代わり可ということで、頂戴すると、程よく空いていたお腹も丁度一杯。いやいや・・・たいしたお店でした。

「秋葉原の丸五」・・・メモしておこう。







続きを読む

ひまネタ御免29・野良犬ブラザーズ 




今日も今日とて、引田通い。と、先日のあばら家・・・もとい、歴史の重みを感じさせる住宅のすぐ近くで、あの時の犬とほとんど同じカラーリングの野良犬を発見。しかも二匹。面白いもので、二匹とも全く同じ姿で眠っていた。これは間違いなく「ブラザーズ(又はシスターズ)」だろう。

この写真の反対側(つまり僕の背面)が、件の「住宅」であり、今日ももそもそ・・・とあの犬が顔を出してきた。つまり、この界隈には同じような顔かたち、配色の犬が3匹もいると言うことか・・・

続きを読む

うどんメモ19・Mahalo!(ありがとう)「まはろ」 




先日、東讃方面の道をさ迷っている内に、ちょうどお昼時になりました。さぬき市の神埼と言うところで偶々うどん屋さんを見つけたので入ることにしました。男山美術館の前なので「男前」という事で・・・

まぁ、「麺通団用語」で言うところの「一般店」と言うやつですが、数年前に県だか何だかが行っているグランプリを取ったとかで、味には自身があるようなことがメニューに書いてあります。

そこで僕が気になったのは「べぇすけを食べてみませんか?」という張り紙。「べぇすけ」というのは、一昨年位のビールのTVCMの、各地のうまいものを紹介するシリーズの中で紹介された「さぬき料理」だそうで、当時は僕の周りでも「べえすけって何?」という会話があちこちで聞こえたものです。

要するに、瀬戸内海の穴子の天婦羅なのですが、特に身の太った穴子の天婦羅をさすようです。値段を見ても「極厚穴子(うどん)・680円」と、ビックリするほど高価いものでもないので「大(+100円)」で頼むことにしました。

話は飛びますが、ここのドンブリは「大」を頼むとかなり大きくて、顔がすっぽり入ってしまいそうな位。後ろのおじちゃんの所に運ばれたどんぶりを見て少々ビビリましたよ・・・

待つこと数分、いよいよ出てきました「極厚穴子(べぇすけ)ぶっかけ・大」・・・どんぶりもでかいが、確かに穴子もでかい!直径3cm×長さ10cm=体積70.65立方センチ(大して意味なし)はありましたね。玉藻の穴子の方が体積では勝っていましたから、あれも立派な「べぇすけ」と呼べそうです。

いただきますと、パリパリの衣と、プリプリの穴子・・・これが淡白な白身で、口の中にふわぁっと広がる絶品の味。確かにこれは旨い。同行していた人が「この天婦羅の腕は大したもんだ。これなら掻揚げも旨いんじゃないかな?」と話しているうちに、本日の掻揚げは「品切れ」になりました。やっぱり・・・ね。

うどんについては、モチモチ系ではなく、どっしりと密度のあるうどんで、ほのかな小麦の甘みも感じる、標準的な「The うどん」といったお味です。しかし、その「標準うどん」に絶品のべぇすけが載っているなら、東讃では珍しい「針アナうどん店」に勘定してもいいでしょう?

ところで、お店の名前は「まはろ」・・・ハワイ語でMahaloとは「有難う」の意味ですが、さてその関係はいかに?

061112補足
今日も、こちら方面に用事があって、もう一度「まはろ」で食べてみました。今度は「鳥からぶっかけ」。いや、やっぱりここの「揚げもの」は凄い。「うどんが出来てから揚げる」のがポリシーだそうで、「パリパリ・ぷりぷり」も頷けます。珍しく、から揚げに胡椒を振ってあるのも僕にはGOODです。

そういえば、帰りしなに「まはろの意味って何ですか?」って聴いてみたら「サーファー用語で、感謝するって意味です」と。

BINGO!!

ひまネタ御免28・壁の穴からこんにちは 




野良犬が壁の穴から出ようとしたら引っ掛かっちゃって、にっちもさっちも行かず「困ったな・・・」の図

ではありません。

続きを読む

orz 

K100Dのレンズを拭いていて、どうしても取れない汚れがありました。クリーナを染ませたペーパーで念入りに拭いても駄目。

ここでハッと気が付いたのは、一ヶ月程前の仕事で出動させた時、カメラを片手に車に乗る刹那、ドアのサッシの角が軽くコンと当たった事。

あの時は急いでいたので、ろくに確認も出来ないまま忘れてた・・・

光にかざしても、硝材に傷がある訳でもないので、どうやらコーティングの傷なのでしょう。たかだか三ヵ月しか使ってないのに。

まさに、orzな気分。

所詮、一本実売1.5万のキットレンズだから、前玉一枚の交換は数千円ですむのかな?もう一本買うほど取られるなら、これを機会に新しいレンズでも・・・と言う気分にもなるけれど、DA21ミリでも4-5万は要るからおいそれと手が出る訳もない。

さぁ、いったいどうしたものか?

うどんメモ18・絶品天婦羅「玉藻」 




今日はサンポート方面へ出かけていました。昼時になって、下の子が「うどんが食べたい」と言い出して、「さぁ、日曜のサンポート近くで美味いうどん屋なんてあったかいな?」

しばし思案して、ふとホレ太さんご推奨の店「玉藻」のことを思い出しました。特に「てんぷらぶっかけ大」が絶品とのこと。早速ホレ太さんに電話をかけたら「日曜もやってるよ~、絶対に『大』がお勧めね」と念を押されました。

で、やってきました噂の玉藻・・・

場所は北浜恵比寿の南側、あのネオン街の運河をはさんだ西側ですね。雑居ビルの駐車場の中にプレハブ小屋のようなお店。見た目は微妙ですな。

外見から分かるとおり、中はカウンターのみで、大将と女の子二人で廻しています。大将は打つ人、真ん中の女性はうどんを盛る人、一番入り口側は天婦羅揚げる人という役割分担が出来ているようです。

目の前が高松市東部漁協・婦人部が開いている海鮮食堂(ここも美味しいですよ)と言う関係はあるのかないのか分かりませんが、天婦羅の具が結構凄いと見ました。隣の人が頼んだ「穴子天婦羅」は、幅4cm×長さ25㎝×厚さ1.5㎝=体積150立方センチ(大して意味なし)位はありましたよ!

さて、出てきましたのがこのうどん・・・

Udon-Tamamo


おお、さすがにホレ太さんが惚れただけのことはある。うどんより天婦羅の体積のほうが大きいんじゃないか?というこの迫力。しその葉・薩摩芋・蓮根・南瓜・えび二匹。全部目の前で揚げた、揚げタテですよ。

ぶっかけだしを酒徳利からぶっ掛けて、いただきます!

うまい。丁寧に束ねられたうどんはどこから引っ張っても絡む事無く、多少の抵抗でお餅のように伸びながらスルスルと持ち上げられ、口の中でも豊かな弾力を保っています。味はほのかに甘い小麦の味。だしも主張しすぎない中庸の甘辛さ・・・

そして、なんといっても揚げタテの天婦羅はうまい。特にこんなに甘くて柔らかな海老天は初めてと言ってもいいほどで、新鮮さの程が知れます!セルフではないので天婦羅ぶっかけ大\700と、少々高価目ですがその価値は十分にあるでしょう。

・・・なんて、エントリーの文面を考えていたら「天婦羅係」のお姉さんが「茄子天忘れてました」って、コロッと入れてくれました。

満点!

広島、点景 



実は、今日は広島出張。広島駅から市内電車に乗って会議会場の全日空ホテルに着くと、目の前に大きな池の跡がありました。何でも、江戸時代にあったお寺の中の池だったそうですが、それがそのまま公園になってるんですね。

考えてみると、高松はこういう緑が少ない気がする。

冬の使者、到来 



今朝、いつもの通勤路にある香東川に、渡り鳥のゆりかもめが沢山羽根を休めていました。昨日までは一羽もいなかったのに、11月になった途端やってきたとは驚きます。

いよいよ、晩秋、または初冬ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。