スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぬきシェイクスピア(06) 


今年も、香川芸術フェスティバルの一環で、「劇空間プロジェクト・旧金毘羅大芝居とシェイクスピア」が開催されました。これで「ロミオとジュリエット」「ハムレット」「夏の夜の夢」に続いて4回目となり、今年の演目は「じゃじゃ馬ならし」。

香川の市民劇であり、演出もいつも通り、劇団・山の手事情社の安田雅弘氏・・・でも、何かがいつもと違う。そう、今回は「あの」旧金毘羅歌舞伎大芝居での上演なのです!江戸時代の芝居小屋に、古典とはいえシェイクスピア、それに現代風の演出を加えるという大変興味深い企画ですね。

ここは、現存する日本最古の芝居小屋として、歌舞伎による町興しのシンボル的存在であり、関係者のプライドも並大抵じゃありません。ですから、これまで伝統芸能以外にその利用が許可されたことはありません・・・でした。おととし、金刀比羅宮の平成の大遷座祭で「能」などが行われたのを皮切りに、秋の「桂米朝一門会」が行われるようになったのでさえ、破格の出来事だったのですが、ついに「素人」にまで門戸が開放されたと言う意味では、驚愕の出来事なのです。

さて、初日の二回目の公演に行ってきました。昨年、仕事の都合で見られなかったので、二年ぶりの「さぬきシェイクスピア」です。

関係者のプレッシャーも相当なものとは思いますが、結果・・・そのプレッシャーはとてもいい方向に作用したようです。もともと「シェイクスピア」という、何百年もの時間のフィルターを潜り抜けた作品ですからストーリーがしっかりしているというのは当然ですが、これまでの作品と比べても「テンポの良さ」と言う面では群を抜いていたような気がします。なんといっても「ペトルーチオ」という主人公の行動の破天荒さが、胸のすくスピード感で迫ってきます。この大事な大役を見事に演じた大垣さん(女性!)の男前ぶりに、まず拍手。脇を固める女優・俳優陣も、一歩も引かず見事な演技。

歌舞伎小屋ならではの「花道」「すっぽん」などを利用して、360度・3Dな演出も流石。旧金毘羅大芝居の「役者の神様」もびっくりの公演でしょうが、これなら許してくれるんじゃないでしょうか?

終わったあとに知り合いの出演者(Iさん)と挨拶して「良かったですよ~」と言いました。「GAMさん『よかった』しか言わないから」と半分からかわれましたが、本当によかったんですよ。一言で言うなら「鮮やか」ですね。

皆さん、明日もがんばってください。













続きを読む
スポンサーサイト

ネイチャー系のお話 

Note:Click The Thumnail for The Big-Image

The Leaves Against Light









高松の「玉藻城」の緑を守るホレ太さん企画による「披雲閣オリジナルコンサート」のお手伝いに行ってきました。出演は、Rainbook(山本容子・前澤ヒデノリ)という、日本の童謡・唱歌を主に歌っているユニット。

僕はRainbookのお二人には初めて会いましたが、とても気さくで楽しい人たちでした。前澤さんのギターをバックに、ボーカルの山本さんが透き通るような美しい声でストレートに歌い上げるスタイルは、今の音楽の主流から言うととても地味なものかも知れませんが、決してなくしてはいけないパートと言えるでしょう。

披雲閣の大書院の前庭を埋め尽くすソテツの木は水銀灯でライトアップされ、少しエキゾチックな雰囲気。その夜空にRainbookのやさしい歌声がとてもよくマッチして、時間を忘れるような空間でした。

話は、二人がリハーサルをしていた午後2時ごろ。まぶしい太陽に照らされたソテツの葉がとても美しかったので、洩れ聞こえるナチュラルな歌声を聴きながら、慣れないネイチャー系の写真に挑戦してみました。

お粗末・・・

島・・・といえば 

島・・・といえば、今日、沖永良部島出身の新人シンガーと出会いました。彼女の名前は大山百合香さんといいます。

エースコックのCMソング「小さな恋の歌」を歌っていた女の子と言えばピンと来る人も多いかもしれません。この曲は沖縄のインディーズバンド「モンゴル800」のヒットソングのカバー曲です。いい曲だなとは思っていましたが、まさぁか、いい歳したおいちゃんが、青春ロックもあるまいに・・・と、あまり気に留めていなかったのですが、この大山百合香さんの、済んだ声で歌われたヒにゃ、ちょっと捨て置けなかったのですよ。

で、なぜか、今日、この大山百合香さんとご対面してしまいました。

今年22歳。年のころなら大学出たてですから、初々しい限り。別に驚くほど美人と言うわけでもありませんが、人なつっこい笑顔が南国風の顔立ちと相まって魅力的です。話を聴いていても、いかにも「島育ち」という素直さと明るさがヒシヒシと伝わってきます。

このほど、1stアルバム「Kind Of Blue(なんと、Miles Davisの大名盤と同タイトル!)」がリリースされましたが、先述のモンゴル800を始め、琉球音楽界の重鎮・知名定男さんの曲、なぜか古内東子の楽曲提供もあったりと、なかなか豪華な顔ぶれなのは、きっとあのまっすぐな笑顔にみんな吸い寄せられてしまうのでしょう。

沖縄の、澄んだ声のボーカリストと言えば「夏川りみ」さんもいますが、彼女ほど民謡的なアプローチではなく、もっと普通の歌い方なのが僕にとっては好ましく、いや、年甲斐もなくファンになってしまいましたよ。





続きを読む

島へ 

29日、男木島再訪が決定!
今日「ひしおうどん」の予約をしたら「今年のひしおが出来たばかりなので美味しいですよ」・・・との事。

いかん・・・もう今からヨダレが・・・

気まぐれも当たるときがある「Kalapana II」 


8月にAmazonでCDを買った合計が5000円以上になっていたようで、先日いきなり¥500のギフト券(と言ってもe-mailだが)が送られてきた。そういえば、先日、クルセイダーズとデヴィッド・ロバーツの二枚を買うときにそんなキャンペーンがあることをはじめて知ったんだった。

あの時は、嫁さんの「純情きらり・ピアノ譜」が入って5000円になるはずだったのに、それが品切れでキャンセルされたから「なんだかな~」と思っていたので、これは不意を突かれてちょっと気持ちが大きくなりましたよ。・・・ってんで、500円引いてもらった上にもう一枚何か買えば、また500円もらえるのかな?という貧乏性の僕は早速前から気になっていたCDを探し始めた。

さて何を、と思ったとき、なぜか真っ先に「Kalapana」が浮かんだ。今年の夏、ひょんなことから「Black Sand(ワイキキの暑い砂)」に嵌まって、とあるオムニバスからiPodに放り込んで聴きまくっていたからだろう。

そうしたら、なんと「K2HD紙ジャケ仕様」で出ているじゃないか!しかも5%オフの上、即発送可。こりゃ行っとくしかないでしょ!とばかりポチっとやってしまいました。

いや、このBlack Sand・・・今となっては「ド・フュージョン」の懐かしい音だけれどもギターのメロディがかっこいいの何の。目をつぶって聴いていたら、ハワイのビッグウェーブが崩れる様が目に浮かぶ。パイプラインをズンズン進むスピード感に酔っちゃいます。サーフィンなんてしたこともないのに・・・

まぁ、Kalapanaのキーワードはソフト・アンド・メロウなハワイアンAORだから、Black Sandのような曲のほうが珍しいのかもしれないけれど。

気まぐれも、たまには当たる事もあるもんだ。楽しみだなぁ、Kalapana II・・・

秋の夕暮れ・・・なのに 

Note:Click The Thumnail for The Big-Image

a silhouette












いつものように定刻になると「ワン・ワッ」と、愛犬が鳴き始める。嫁さんに言わせると「サン・ポッ」と吠えているそうだが、よその家の犬はどう吠えるんでしょうねぇ?

放って置くと際限なく吠え続けるので、嫁さんと下の子が散歩に出るというが、今日は珍しく上の娘も散歩に出るらしい。

来週はイベントだから、この土日は「嵐の前の静けさ」的なゆっくり加減。だから今日は結構、心にゆとりがあるので、僕もK100D手に「やれやれ」と腰を上げる。

いつもの散歩道にある田圃は、ついこの前まで稲穂が黄金の実りを見せていたが、今ではすっかり刈り取られてすがすがしい限り。秋の空もより広く見えるってもんだ。遠くに見えるバイパスの街路樹が、いい塩梅に色づき始めている。

土手をよじ登るようにしてバイパスの歩道に出たとき、夕暮れには早いけれど、山の端に隠れた夕日の残照がいい感じに街路樹をシルエットにしていた。そこで家族と犬を先に行かせて暫らく思案に暮れる。

まともに写した写真は空が真っ白に飛んでしまった。そこで何枚か露出を変えて夕暮れの色が出るまで絞り込んでみた。ところが、家に帰ってPCのモニターで見てみると、後半の写真は「単に暗いだけ」で、最初の「白とび」が一番まともに写っていた。

意図したものとはずいぶん違うけれど・・・

続きを読む

Scratch/Crusaders、ついに。 

以前買い損ねた「Scratch/Crusaders」・・・やっぱり心のどこかに引っかかっていたんですね。Amazonで5%オフだったので買ってしまいました。

もともと、嫁さんが「純情きらり」のテーマ曲・ピアノ譜を買えということだったが、780円じゃ送料無料にならないので、最近気になっていた「All Dressed Up/Daveid Roberts」も注文した。すると、4000円弱になったんだけど、Book+CDで5000円以上になると500円のAmazonギフト券がもらえるとのことで、Crusadersも上乗せした訳です。

が、なんとその後「純情きらり」は在庫なしでキャンセルされ、購入金額は再び4000円台になってしまったため、ギフト券はなし、単に急ぎでもないCDを買ってしまっただけという結果に・・・(涙)

でも、まぁいいさ、どうせいつか買おうと思っていたCDだし、特にDavid Robertsは限定紙ジャケ復刻だから、買える時に買わないと・・・ね。

さて、やっと手に入った「Scratch/Crusaders」。渋谷のGrandfathersというむんむんとした雰囲気の中でガンガンの音量で聞いたときはものすごい熱気に感じたが、実際、自分の家のしょぼいセットで聞くと、多少印象が違った。

あまりトラック数の多くないレコーダーか、2Trで一発録音したような感じの音場だ。録音方法にも関係しているのかもしれないが、低音がやや乏しくハイ上がりな印象で、よく言えば軽快な・悪く言えば軽い、いかにも70年代をしていると思った。

しかし、ブラスセクションが入りだすと途端に印象が変わった。先述のとおり、音場がやや狭い中に、あまりエコーも利かせていないストレートなブラスが却って生々しい響き。一曲目のScratchこそ控えめなスタートだったが、2曲目のエレナ・リグビーでは途端に活発な動きを見せ始めるバンド。ビートルズの端正なメロディーがエネルギッシュに翻訳されて、まったく別の曲のようだ。

注目は「ScratchのB面」を代表する、キャロル・キングのSo Far Away。意外とおとなしいアレンジだったんですね。でも例の1分間のトロンボーンのロングトーンで観客が徐々に盛り上がっていく雰囲気がすばらしい。この客席のガヤ音は非常にクリアに録れているから「おいおい、いつまで続くんだよ?」という驚きが目に浮かぶようだ。

結果、Scratchは名盤の呼び声どおり、すばらしい一枚でした。Fusion/Crossoverというより、どっぷりJazzって感じだけど、それがまたよし。

凄~い・・・ 

いや、何も言いますまい・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。