スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Collecting Blue B-Ver.>Flickr! 

これまで、大サイズの写真を置く為にCollecting BlueのB-Ver.としてgoo Blog Advanceを使って両方を相互リンクしていましたが・・・

めんどくさい!

そのめんどくささとFlickr!のサインインのめんどくささ(全て英語だから)と比べたら、きっとFlickr!の方が一度ですむので楽に違いないと考えて、遂に重い腰を上げました。Flickr!には世界のアマチュア(プロ?)が素敵な写真を一杯張っているので、きっと刺激になると思いますしね。

こちらとの兼ね合い、既にアップした作品との兼ね合いは今後考えます。
スポンサーサイト

Fantastic PENTAX ! 

のんきちさんに教えていただいた、AポジションのないK-Mレンズの使い方・・・試してみたら想像以上に使いやすい仕様に、感動。

MFにして、マニュアルにして、AE-Lボタンを(結構しっかりと押さないといけないのが玉に瑕だが)押すと、キャシュ!という音と共にほんの一瞬ファインダーが暗くなったかと思うと既に適正露出のシャッタースピードがセットされているんだから、これじゃマニュアルじゃなくて「半自動絞り優先AE」じゃないか!しかもフォーカスエイドに手ぶれ補正付き・・・と来たら、K2以上の使い心地だね。

素敵過ぎるぞ!ペンタックス。

遊んでいたSMC PENTAX M50/2.0を付けてみた。

まるでパンケーキ!









塩江で泳ぐ 

今日は、久しぶりに一日休みました。四国地方も昨日梅雨明けし、いきなり青い空、白い雲の「夏」に突入。

普段、子供達とどこかに遊びに行くということがない僕は、K100Dも買ったことだし、仲南町のひまわりでも見に行くか?と提案すると、最後には塩江に出来たプールで泳ごう・・・と言うことになってしまった。

11時ごろに出発し、塩江でお昼。

塩江温泉の中にある「手打ち蕎麦・行基庵」で蕎麦を食べる。丸亀の日月庵と比べると、ザラザラした野性味のある蕎麦だ。鮎寿司(\500)も食べて、なかなかオツな昼食でした。

さて、行ったのは「ループ塩江」という、新しい施設。高松市のゴミ処理施設に隣接して出来た施設で、その処理熱を使った温水プールです。子供達は浮き輪持参で入ろうとしたら「浮き輪は使えません」「水泳キャップを付けてください。そこで売っていますので・・・」と、あれこれ言われる。ちょっと面白くない。

真新しいだけあって、設備的には結構いいものだが、エンターテイメントとしてのプールというよりは、水流の中を歩くコースや水中ジムがある、スポーツジムの中のプールのような・・・そういえば施設の名前は「健康増進なんとかかんとか・・・/ループ塩江」だったなぁ。

子供の頃は息継ぎがヘタだからクロールで25mも泳ぐなんて、とても出来なかった。由来、プールや海で泳ぐのは大嫌いな僕ですが、何十年ぶりに泳いでみたら、まぁ泳げるものですね。水泳は肩凝りにも良い様ですから、たまには来て見るのもいいかもね。

僕としては目の前の香東川で泳ぐ方が、子供達にもいい思い出になりそうな気がするけど。

K100D+K50/1.2 

K100Dを買った以上、どうしてもやってみたかったこと・・・
SMC PENTAX K50/1.2を付けてみました。

流石に開放ではピントが来た所以外、ボケボケなので2.8まで絞りました。

最初、まともにシャッターさえ切れませんでした。やがて「AFのままなのが拙いのかな?」と気が付いてMFに切り替えたらOKでした。

絞り開放オートなら撮れるようでしたが、これだけでは苦しいのでどうすれば「絞り込み測光が出来るんだろう?」と悩み、マニュアルで撮るのが良さそうだと言うことに気が付きました。でも露出が滅茶苦茶で、試行錯誤して何とかこの写真を撮りました。この組み合わせの時にはスタ・デラを引っ張り出してこなくちゃ(笑)

最新のDSLRにスタジオデラックスと言うのも、いとをかし・・・

Ukuleleのネタ 




最近、ウクレレの方で遊びにきていただいている方もいらっしゃるので、ちょっとはウクレレも更新しなくちゃ・・・でも新ネタがない。

そんな訳で、最近話題のYouTubeの貼り付け実験もかねてこんなものを・・・

スーパーカー(with K100D) 

K100Dで本格試写・・・と言っても、厳格なテストをするわけでもなく、単に今日、岡山国際サーキットで開催された「Tipo Overheat Meeting」に担ぎ出しただけの事。

まだ昨日の今日で、使用方法も細かく知らない状況なので「TVオート時にピントは合っている筈なのにシャッターが切れないのは何故?」など、DSLRに関しては、僕も結構「猿並」だったりする。

そして、レンズキットの18-55では、サーキットのレース撮影は役不足もいい所で、もう一本持って行った「SMC PENTAX-A 35-105/3.5」でさえも状況によっては短いくらい。と言うことで、レースの撮影はAレンズで行なわざるを得ず、AF性能に関しては試すことは出来ませんでした。

そんな訳で、この一枚をアップしておきます。
写りの傾向くらいはお判りいただけますか?

DA18-55での一枚はこちら


元画像は、JPG/6M/★★★、設定はデフォルトのまま。リサイズに伴うボケを補う為、アンシャープマスクを軽くかけました。

あと、DA18-55ではそれほどでもないけれど、A35-105/3.5をつけた時にはK2より重いんじゃないか?と思うほど。まぁ、このレンズが重すぎるんだけどね(13群15枚・615g)・・・




PENTAX K100D参上! 

ついに、GAM初のDSLR、PENTAX K100Dがやってきました!

First Lightは、下の子の幼稚園の「納涼夏まつり」になる予定でしたが、仕事上のトラブル対応でお流れ。でも、独身時代ならいざ知らず、一応「家族用」としての導入なので、家族を撮るのが礼儀・・・と、夕食後、子供を撮ってやりました。本格稼動は明日のTIサーキットで開催のイベントで・・・と言うことで、今日はSRの効果等は試さず、まもなく終了。

ここまでの感想としては・・・

1:ファインダーは少々小さいが、決して見辛い訳じゃない。某掲示板では「ミラーだから暗い」と、訳知り顔でいう人も居たみたいだけど、これまでK2・MXしか使ってこなかった人間からしてみれば「素通し」に近いほどの明るさ。ピントだって、MFレンズつけても一発で来るし。

2:AF精度・・・これはNikon-F50としか比較できないけど、キビキビしてると思います。明日のTIサーキットで、ある程度真価が解かるでしょう。

3:やっぱりMXに比べると「重い」。今年も8月に富士山のトレッキングがあるんだけど、ちょっと不安になるほど。これでもDSLR最小・最軽量級って言うんだから、況や他社製品をやですね。MX+SMC P24/2.8が「コンパクトカメラか?」と思うほど軽いのも凄い話ですが・・・

しかし、何と言っても手持ちのSMC P-A 35-105/3.5が何の違和感も無く装着され、フォーカスエイドが効き、あまつさえ「手ぶれ補正」まで効く。これが一番感動的なことかな?

さぁ、明日は7時集合だから早く寝なくちゃ。

ついに、DSLR導入決定 

今日、近所のキタムラさんでK100Dを注文してきました。現物は無いので、嫁さんにはDL2を触らせたのですが、「モニターに画像が出ない」だの、「(シャッター半押しといっても)ピピ、ピピって言うだけで写らない」等と素人以下の「猿並発言」をしますが、触ればなれるし、SR付だから今のコンデジ(Canon Powershot A20)よりはいい写真が撮れると思うよ。

僕は、未だにAFレンズを一本も持っていないので、DSLRはレンズキットからスタートです。

今回の購入価格をここで書いてしまうのはいいのか悪いのかわかりませんが、世の中価格比較サイトはいくらでもあるのだし、OKですよね?

PENTAX K100Dレンズキット=¥79,800でした。これに予約特典としてエネループ電池4本+充電器セット(店頭¥3000相当)が付いていましたので、実質\76,800。これは、キタムラさん、頑張った値付けだと思います。

考えてみれば、PENTAXは単三電池で撮影可能なのが、他社には無い素晴らしいコダワリですので、並の電器量販店の「メモリーカード一枚サービス」と言うより、余程メーカーの事を理解したカメラ屋さんらしいサービスではないでしょうか?SDカードなど、1GBでも4-5000円で買える昨今ですから・・・

因みにここからPENTAX社からの\10,000キャッシュバックがあります。ペンタックス・・・その本気に免じて28年ぶりに「新品ボディ」買うからね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。