スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod、便利≠Good 



入院用に買ったiPodだが、入院の方がどんどん延期されて、単に趣味で買っただけのようになっている。その分、便利グッズを買い足す時間が出来てしまって、大変(笑)

最初、沢山のCDを『車用』にしなくてもいいということで、FMトランスミッタを買ってみたんだけど、これが我がLegacyではどうにも役に立たない。というのは、Legacyの場合、アンテナがCピラーについていて、トランスミッターから一番遠いタイプに当たる為、ザーザーとノイズが入って聴けた物じゃないから。ヤフオクで叩き売ってやろうかと思ったけれど、嫁さんの軽ならAピラーにアンテナがあって、まだマシらしいので、娘のiPodシャッフル用に呉れてやった。

その代わり買ってきたのが、この「カセットアダプター」。電波を通ないからノイズの入り込む余地は無いので、音質的にはずっとマシだろう。オーディオテクニカの製品で、実売価格1700円ほど。取説にはF特が50-20000Hzとあるので期待できそうだ・・・と思ったら、本当に良かった。山弦の繊細なギターもすっきり伸びるし、EW&Fのへヴィなファンクもズンズン鳴る。最近はほとんど用無しだったカセットも、これで第一線に返り咲きだ。

ま、一番いいのはiPod対応のカーステに換える事だけど、デルタのパーツを揃えるのにピーピー言っている様じゃいつまでも覚束ないから、これでいいのだ。

さて、いい音でiPodを車載に成功したら、困った問題が別方面から浮上。一曲一曲の音量がバラバラなのだ。これは、iTunesでサクサク取り込んだら、CDの録音レベルがそれぞれ違う為に起こる現象で、iPodを使う人の共通した悩みらしい。

取り込んだ後で、プロパティで調整したりできるようだが、調整量が判り辛いし、PCのスピーカーで聞いたらOKでもヘッドホンやカーオーディを通して聴くとガマンならない程レベルが上下するからイライラする。

・・・と言う事で、今度はDTM用のソフトで一度取り込んで、一曲一曲レベルを合わせながらファイル化していく羽目になるのだが、これは幾ら時間があっても足らないから、気長にやらないとね。

車でもカメラでも何でも、やっぱり僕には「Automatic」が性に合わない・・・
スポンサーサイト

ひまネタ御免24・展覧会の「え」? 

今日は会社の音楽好きな同僚と用事で外出した。その帰りにいつものHard●FFによる用事もあったので、ついでに一緒にアナログ盤漁りをした。同僚はあまりHard●FFに来たことが無いらしく「侮れないな~」と、顔が笑っていた。

そんな中で、壁に展示されたLPを何気無しに見ていて、ふ・・・と、目が止まったのが「エマーソン・レイク&パーマー/展覧会の絵」。プログレ界に燦然と輝く名盤なので、僕もそのジャケットは何度も見たことがあった。

「へ~、帯もついて結構いい状態だけど、これも1000円切りか~」なんていいつつ、プログレにはそれほど興味の無い僕は、既に、隣の「渡辺香津美/TOCHIKA」の方が気になっていた。でも、視界の隅に「え?」と思わせる何かがあった。

良くご覧ください、このジャケット・・・


本当は、全ての額は真っ白な筈なのに、一枚だけ、絵が入っている。しかも、どこの林間学校でスナップしたのか、かなり「お間抜け」な一枚が・・・

なかなか僕好みの冗談ではあるが、このまま売る奴も売る奴だし、品定めはしている筈なのに、そのまま店頭に並べるHard ●ffも、かなり「洒落が解かっている」と思った次第。


続きを読む

iPodの・・・orz 



買ってから一週間、毎日毎日音楽を放り込んで、いまや200曲弱まで行ったところなのに、ずっと疑問に思っていた事が頭を離れないのです。AACファイルはMP3より新しい方式なので高圧縮でも音がいいなんて言われていましたが、嘘ですね。

iPod nanoはフラッシュメモリーで記憶する方式なので、原理的にHDDの動作ノイズは乗るはずがないのに時々なぜか「ポッ」と言う音が聞こえるのです。
(HDD型でもそんな音が乗るようじゃ×ですが・・・)

それが音楽のリズムに乗っているようにも聴こえるので気のせいかと思っていたのですが、今朝デフォルトのビットレート128を192にして取り込んでみたら全然音が違うんです。極端に言うと128kpbsではステレオと言っても右・中・左に分かれているだけ、192にしてやっと空間的な広がりを感じる音になりました。当然「ポッ」音はありません。多分、リニアPCMと比べたら、それでもカセット並の音でしょう。

第一、僕はメインにアコースティックギターを中心としたフォークロックを聴きますが、例えばOleansのDance With Meなどを128で取り込んだら、ギターのストロークが「チャッチャッチャ」という、ハイハットのような音になってしまいました・・・当然、全て消去して現在、再取り込み中。・・・orzです。世間のみんながこんな音を普通だと思って聴いているとしたら、空恐ろしい気がします。そう、mp3/256でも生音と直接比べたら雲泥の差なんて事、良く知っていた筈なのに、相手は最新の機器ということですっかり油断していました。

iPodなど、デジタルオーディオ機器は最低でも192kpbsですよ、皆さん!

192kpbsだと、どうもカタログ値の半分で、1GBモデルなら120曲程度がいいところでしょう。まぁ、これでも充分な容量ではありますが、こんなことなら無理してでも2GBモデルにしとくべきだったかな?と、少し後悔。

ただ、今日は懸案だったDigigramのサウンドカード「VX Pocket」にS/PDIFでデジタル入力する設定がやっと判って、これでアナログ盤からMDデッキ経由でiPodへ取り込みができる様になりました。ここは万歳!

県歴史博物館の「肝」 


今、話題の「栄光の大ナポレオン展」を見に、家族で高松市玉藻町の県歴史博物館に行きました。流石に○○絡みになると凄い人だかりで、駐車場が無くて往生しました。因みに、私は○○絡みじゃありませんが、それを抜きにしてもいい展示だったと思います。山脈越えの、有名な白馬を駆るナポレオンがかぶっていた帽子と携行していたサーベルが入り口にあって、「本物」と聴くとちょっと感動しますね。(ただ、あの絵の「真実」はちょっと笑えますが)

とにかく凄い人で、僕が車を駐車場に停めて帰ってくる間に家族は一箇所に立ち止まることも出来ず、押し出されるように出口まで来てしまい終了・・・との事。ま、僕は仕事で一通り見ているので、全然OKなのですが。

ところで、足早に帰ろうとする家族に「ここを見なくてどうするんだ!」と半分無理矢理連れて行ったのが、一階の体験コーナー。ここを「子供向け」と侮ること無かれ、昔ながらの遊び道具や、邦楽用の楽器、十二単などの着物の「本物」に、無料で触れて遊ぶことができるのですよ!


こんな鎧冑も着る事、出来ます。

横笛・尺八・琴・鼓、実際に演奏できます。コマ回し・剣玉・カルタ取り、出来ます。千両箱、担げます。見知らぬおじちゃんが、ウチの子供に「独楽はな、こうして廻すんじゃ」と、見本を見せてくれます。そんな、大人も子供も一緒に楽しめる空間がこの体験コーナー。

昔の文化を学ぶには「本物を体験するのが一番」というポリシーらしいですが、僕はこここそが歴史博物館の「肝」だと思っています。

そのあとは北浜alleyのカフェ、Umieで真っ青な海と行き交うフェリーを見ながら軽い昼食。子供も喜ぶ、いい半日でした。

買ってしまった・・・ 

今度、入院することになりました。多分4月の末か5月の頭に一週間ほど。

多分、僕はテレビをほとんど見ません。だから、折角の「休暇」をボーっと音楽&読書で過ごそうと思っています。と言うわけで、今からセッセとオリジナルのMD作り・・・


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。