スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tasty 2(東京)・美味い!とんかつ「ときわ」 



東京出張の時、宿泊には浅草周辺を使うのが好きだ。というのは、安いし都営浅草線が羽田まで繋がっているので便利だから。その他、下町情緒があったり、カメラ(Pentax・K2DMDやMX)の主治医・長谷川工作所さんが上野にあったり・・・と、僕の趣味の領域が近いことも挙げられる。そんな訳で、今回の宿泊は「蔵前」という、ちょっと渋い選択。

そして、余り食にこだわらない僕は、東京で一人で夕食を食べる時は、吉野家かカレーか、なぜか「とんかつ」が多い。昨年も水道橋に泊まったとき、いもやと言う店で、美味しいとんかつを食べたのを思い出す。

そして、蔵前。

都営・大江戸線の蔵前駅をおりて、今回宿泊の「ホテル蔵前」に徒歩で向かう。冬の東京の日暮れは早く、午後6時過ぎにはもう真っ暗。そんななか浮かび上がる「とんかつ」の電光看板。もう、こりゃ誘蛾灯に惹きつけられた虫のようにふらふら~と・・・

店はそんなに広くなく、座敷に2テーブルとカウンターが4-5席、まだ客はなくおばさんがテレビを見ている。「ロースかつ定食」を頼む。すると、奥から旦那がおもむろに登場し、油を暖め始めた。「ありゃ、ちょっと失敗したかな?」と思いつつおばちゃんに「寒いねぇ」なんて話し掛けてみると、愛想良く答えてくれたり、テレビに突っ込みを入れたり・・・と、なかなか饒舌な人である。一方旦那はずっと黙ったきり。程なく、ジャージャーととんかつを揚げる音が出始めた。

出来上がったとんかつ・・・結構大きい。厚みもある。たっぷりとソースをかけて「頂きます!」。サクサクと立った衣が良い歯ざわり。噛むとジワっと流れ出す油は透明感のある上品な味、それに少し辛口のソースが渾然一体となって口に広がる・・・あぁなんて美味い!

嬉しいのはキャベツ。普通はこんなとんかつ定食の刻みキャベツと言えば白い部分が圧倒的で、シャキシャキ感はあっても味はないもの。でもこのキャベツと来たらほとんどが青い部分で、野菜本来の「甘味」もある。

あつあつの白ご飯も、適度に固く良い焚き加減だ。そして、お汁は豚汁とは言わないまでも、アクセントに豚肉の平切りが入っていて憎いね。

ロースかつ定食、750円。何と至福のとき。お愛想して「ご馳走様」と言ったとき、無口な旦那が「有難うございました」と大きな声で言った。
スポンサーサイト

うどんメモ15・東京うどん、再び「たれ半」 



東京出張の二日目、朝方遅めのブランチをとったのであまりお腹が空かず、東京支社の女性とお昼は「軽め」をリクエスト。すると「東京支社長(お休みでした)もOKのうどん屋さんはどうですか?」

いいですねぇ・・・と、連れて行ってもらったのが最近東京で人気のチェーン店「たれ半」。セルフではないのですが、じゃこ飯とセットになった「昼セット」が450円とお手ごろでした。(注:たれ半は目白・半蔵門の2店舗がある模様)

出てきたうどんは、なかなかコシの強そうな「麺構え」をしている。

つるつる・・・と食べると、なるほど讃岐の味だ。オーナーはきちんと香川県で修行した人ということで、まぁ、良いレベルでしょう。「この味はどこかで・・・」と、そのときは思い出せなかったが、辛目の醤油味に、どことなく残る甘い味・・・そう、これは「てら屋」の味だ!

このオーナーが「てら屋」で修行したかどうかは知らないが、少なくとも東京支社長は、高松時代、てら屋をお気に入りだったから「OK」を出すのもうなずける所。

余談だが、「じゃこ飯」はVG!

・・・東京で食べる「ご飯」は結構美味しいのに当たる気がするなぁ。

米朝一門会@金丸座 05 

今日は、一年ぶりの米朝一門会。今年も「旧金毘羅歌舞伎大芝居」にて開催でした。別の用事がバッティングした為、少し遅刻しました。よって、一番目の「桂まん我:牛ほめ」は最後のサゲだけ見られたような状態。

■よって、本日の出演者と感想は二人目から・・・

2.桂米平(正月丁稚):落語界一の巨漢、体重「110Kgで・・・」というと「おお~」とどよめきが起こるので「110のお~(百獣の王)」との異名。落ち着いた語り口でほのぼのとした印象。

3.桂雀三郎(G&G):言うまでも無く、創作落語。ギターを弾きつつの熱演は流石、安定感あり。おじいちゃん・おばあちゃんの多い香川県での高座ではシュールなネタかもしれませんが、それはそれ。

4.桂米朝(鹿政談):雀三郎さんのG&Gを受けて「もう、私もファイヤ~と言う感じになってまいりました」と、いきなり先制パンチ。しかし、先日80歳になったとかで、話のテンポに「冴え」がなくなってきているのは致し方ないところ。ご本人も「新しい話は覚えん、古い話は忘れる」「話が途中から入れ替わったり」・・・と随分弱気な感じ。そんな訳で、鹿政談も状況説明が平板な感じになってしまって残念。流石に笑わすところはちゃんと笑わせてくれますが、まだまだ元気で居ていただきたいものです。

中入り

5.桂ざこば(肝つぶし):相変わらず「嫁さん愚痴」が抱腹絶倒。ただ、去年も聞いたかも?今年は愚痴は少なめで本題に入りました。話が話だけにちょっとしんみりした感じでしたが、妹を殺すのを躊躇う所で「嫁さんネタ」を滑り込ませる辺り、判っていても笑っちゃいます。最初「崇徳院」かと思いましたが違っていました。いつもながらざこば師匠は「渋い話」を選びますね

6.桂南光(皿屋敷):やっぱり、今一番脂が乗っているのはこの人でしょう。皿屋敷見物に出かけた一行の、途中で臆病風に吹かれた奴の描写は流石枝雀師匠譲り。ざこば師匠が「しんみり系」だっただけに、最後に美味しい所を全てかっさらっていきました。こんな「お菊さん」だったら、僕も見に行きたい!

今年は、米朝師匠の声が去年より出ていて聴きやすかったのですが、どうしても「衰え」が目立ってしまうのは悲しい所。考えてみれば、僕が大学時代、大坂・京都で米朝師匠を生で見ていたのは20年も前。つまり、御歳60歳の頃。本当にあの頃は「円熟の極み」という感じでした。

一方、ざこば師匠・南光師匠も58-54歳。もはやその境地に達しつつあるのでしょうが、僕としてはお二人とも異色派。米朝師匠のような「王道」を行く噺家さんがいないのが残念な気がします。

全体としては、去年の出演者は「桂雀々」始めドッカンドッカン笑わせてくれただけに、そのパワーに圧倒されましたが、今年はちょっと落ち着いた印象でした。

それと、今年も(遅れていったため)上手側に座らされてしまいました。相変わらずスタッフが大声で話しながらザクザクと砂利を蹴散らして歩く音が耳障り。おまけに観客席では、米朝師匠の「オチ」に差し掛かる所で携帯電話で話し始める「馬鹿」が居たりして凸(-"-)、周りの観客は怒り心頭。最高のシチュエーションだけに、この非常識は何とかして欲しいものです>朝日新聞!

(遅刻+終演時日没後でイメージ写真がとれず、チラシが捨てられてしまいました・涙、よって画像なし。御免)

オリーブの木 



10/23のエントリーの続きなので少々旧聞ですが、この写真を出しておきたくて・・・

小豆島がオリーブの島というのは、日本で初めてオリーブの苗が根付いた土地だからだそうですが、地中海性気候と同じ瀬戸内海ならではの事。それにしてもこの収穫期のオリーブが、秋の青空にはよく似合います。

ハーブを庭に植えたいという嫁さんの希望で、オリーブ公園のハーブ園でオリーブの苗を二本買いました。乾燥に強いオリーブは簡単に根付き、少々ずぼらかましても大丈夫。なんでも、3m位離して別種類のオリーブを植えるといいそうで、マンザニロとユッカという2種類。

3年もたてばオリーブの実が付くらしく、オリーブオイルを自前で出来るようになるのでしょうか?





ひまネタ御免20・目から怪光線! 



051101・毎日新聞より
「ワン(1)、ワン(1)、ワン(1)」で「犬の日」の1日に合わせ、ペットのための保険会社「アニコム」が犬の名前の人気ランキングを発表した。最も多かったのが「チョコ」で、「モモ」(2位)、「マロン」(3位)とおいしそうな名前が続いた。

 調査対象は、同社の「どうぶつ保険」に加入している1歳未満の犬3万9845匹。昔ながらの「ジョン」や「ポチ」は10位以内には入らなかった。

 最も多かったチョコは雄、雌にかかわらず命名されていた。4位以下は「サクラ」「ハナ」「ココ」「リン」「ナナ」「ソラ」「モカ」の順。チョコ、マロン、モカなど「スイーツ系」が人気だった。

 「モモ」はフェレット、猫、ウサギの名前でも1位と人気が高かった。鳥の「ピー」(1位)、ウサギの「ミミ」(4位)など、動物の特徴から命名するよりも「呼びやすく響きの良い2文字の名前を付ける傾向が強い」(アニコム)という

(引用以上)

*******************************************************

おや、チョコは人気ナンバー1の名前でしたか?

我が家のチョコの名の由来は、単に子供の頃は鼻先から頭、背中にかけてが黒くて「ビターチョコ」みたいだったと言う理由なんですけどね。

実は、彼女には又の名前があって・・・

納豆大好きでカップは綺麗に舐めてくれる。パンの耳も大好物。お魚大好きで頭も骨もバリバリ食べてくれる。

人呼んで「吠えるディスポーザー」


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。