スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAZZの日々、再び 

以前、会社の女の子がJazzに目覚め、「いろいろ教えて欲しい」と頼まれた為、オムニバステープを作ったと書いたが、今回その第二弾を作ってあげた。アンプ(TA-F333ESR)が治った後の検証もかねて・・・

最近彼女はボーカルものにまで興味を広げているらしいので、僕自身はボーカルものは少ない手持ちながらも、色々物色してみた。今回のラインナップは次の通り。

1:Sotely As In A Morning Sunrise/Modern Jazz Quartet
2:Get Me To The Church On Time/Shelly Manne & His Friends
3:I've Got You Under My Skin/Peggy Lee
4:It Could Happen To You/Chet Baker
5:A La Mode/Art Blakey & The Jazz Messengers
6:My Reverie/Hank Mobley Quintet
7:I'm Old Fashioned/Cybill Shepherd
8:Tonight The Night/Tina Louise
9:Work Song/Nat Adderley
10:My Funny Valentine/Miles Davis Quintet
11:Did You Ever Seen A Dream Walking/Sunny Gale
12:Waltz For Debby/Monica Zetterlund & Bill Evans
13:Alright,Okey,You Win/Tony Bennett with Diana Krall
14:Happy Faces/Sonny Stitt

前回は「Piano Trio」を所望されたのでそんなラインナップだったけど、今回はハードバップ・ファンキーから、モードやウェストコーストなど、全く脈絡の無い「ごった煮」風ですね~

☆050630追記
今回、僕が目玉にしたかったのは、13曲目の入った、これ・・・

Playin' with My Friends: Bennett Sings the Bluesです。

2001年の作品で、CDショップで、いきなり見つけて衝動買いしたもの。

Tony Bennettは、日本では62年、「霧のサンフランシスコ」の大ヒットで知られる「ポピュラー歌手」だが、本国ではフランク・シナトラと並ぶ大御所。勿論、ジャズもこなす。

豊かな低音で、ゴージャスに聴かせるのはシナトラと同様だが、あっちがビッグバンドを従えたりシリーズものの映画に出たり・・・、果てはマフィアとの黒い関係が噂されたりと何かにつけて「派手」なのに対して、こっちはそうではない。あっちが加山雄三なら、こっちは田中邦衛?それとも、あっちが北島三郎なら、こっちは田端義男・・・

そんなトニー・ベネットの長いキャリアの集大成にふさわしいこのアルバム。ダイアナ・クラールという美女を筆頭に、レイ・チャールズ、B.B.キング、スティービー・ワンダーといった大御所はもちろん、ビリー・ジョエル、ボニー・レイット、果てはシェリル・クロウやk.d.ラングなどなど・・・あらゆる方面のゲストがクレジットされている。

そのどれもが、心地よいコンボサイズの演奏でブルースやジャズの名曲が目白押し。やはりトニー・ベネットは「こういう雰囲気が好きだったんだ」と改めて思う。

派手なステージの後、ガウンを着込んで、夜景を見下ろすホテルで、ブランデーグラスを廻すのがフランク・シナトラ(妄想100%)なら、トニー・ベネットはライブハウスで仲間と酒をあおりながら、朝まで歌っているのが好きなのに違いない。

ぜひ、バーボンなど飲みながら、部屋の明かりを少し落として聴きたい一枚だ。



スポンサーサイト

水が無い! 



四国は、記録的な渇水に見舞われているのは、既にニュースになっているところ。香川の水がめ「早明浦ダム」も、貯水率は早30%となり、水に沈んだ筈の村が現れ始めたらしい。

香川用水の取水制限も、6月にして既に第3次までレベルが上がっており、1994年の「(第二次)高松砂漠」より深刻なペースだ。

そして、香川町では今日から夜間断水が始まって、いよいよヤバイ状況になってきました。前回はまだ、各地の友達から送られてきたミネラルウォーターを「どこのが美味しいか?」なんて楽しむゆとりも有ったけど、流石に今回は・・・

うどんメモ12・島うどん「山本(?)」 



最近、うどんを食べていないわけじゃないけど、あまり新しい店に行っていないのでなかなか書けませんでしたが、やっと一つご紹介できます。それは仕事で直島にわたった折、昼ご飯に行ったのがうどん「山本(?)」

?なのは店名をしっかり確認しなかった為、暖簾のマークから推測している為です。

宮之浦港から少し車で走って、Co-opに隣接したこの店、まさか島に唯一のうどん屋さんということはあるまいが、お昼に行ったらとんでもなく混んでいて、船の出発時間は大丈夫かいな?と思うほど。

島のうどん屋さんを舐めていた僕は、てっきり買い置きの玉を出すうどん屋と高をくくっていたら、ちゃんとその場で打っていました。まぁ、当然ですが・・・

で、出てきたうどんがこちら。いつものとおり、ぶっかけです。


大は2玉で、深いどんぶりになかなか多めの量。少し粘りのある「モチモチ系」の麺は香川本土でもそこそこイケル麺ではないでしょうか?ただ、お出汁のほうは醤油の味が強い、ごく普通の味。

でも、これだけ混むんだったら「セルフ」にしたらいいのに。うどん大+おむすび=¥700強は、ちょっと高価いからね・・・

追伸:おばちゃんは陽気でいい感じでした

ネットのお陰 

知らなければ、一生誤解して生きてしまう事例がある。僕たちは、この世の全ての出来事を見ることは出来ないから、新聞・テレビ・ラジオ・雑誌を信じざるを得ないけれど、そのマスコミが一知半解のナマクラ記事ばかり書いていたとしたら・・・それは恐ろしいこと。

例えば、先日報道された「青山学院高校入試問題・ひめゆり侮辱」報道。普通、僕らはその問題文を入手できるわけではないから、報道された所だけ見て「青学とも有ろう名門が、何と言うこと」と怒り、将来子供が「青学に行きたい」なんて言い出したら「やめろ、そんな学校」と言っているかもしれない(あくまで「知れない」・笑)。

しかし、今はネットがこういう事を教えてくれる。こちらのブログで問題の文章の和訳をお読みいただきたい。そして、原文はこちら

ネットは新しいメディアに育ちつつある。

☆050623追記
かのBlogのコメントまで見ていくと、実に様々な反応があるのが見て取れる。これこそ、Blogの真骨頂だろう。結果から言うと、まず、マスコミの記事だけを聴いて「おいおい」と思った自分に反省。次にこの「和訳」を読んで単純に反省した自分を更に反省しなくてはいけない。

1:この青学の教師はすばらしい
2:全体を読んでなお、「退屈な」という感想はいかがなものか?
3:英文に問題はないとしても設問まで併せて見るとどうか?
4:そもそもこの問題を「入試」という場で提案するのはいいのか?

・・・と、大きくこれらの意見に集約される。ここまで考えて「議論した」と言えるだろう。試しに僕もこの問題を解いてみた。文章と、問題自体は大して難しいものではない。その上で僕の感想。

せっかく言葉ではない表現の重要さを問うているのに、「なぜ筆者が『彼女(元ひめゆり部隊のガイド)』の話を好きになれなかったか?」という設問は確かにぞんざいな気がした。問題は4択で、間違った3つの答えと正しい1つの答えが示されている。正しい答えは「彼女の話し方が好きでなかった」・・・ですよ!それで済ませちゃうの?なぜ「彼女の話し方が、上手くなりすぎて現実感がなくなっていた」位の設問に出来なかったのかな?

確かに、文章そのものは素晴らしい内容を提案している。しかし、総合すると、僕の答えは4という事になるだろう。こういう問題は実際に「青学高等部」に入学して、長崎の修学旅行で原爆体験を聴いてからじっくりするべきで、用意された設問の選択肢を答えていく課程からは、決して深い考察は生まれない。つまり、「言葉ではない表現がある」という結論を導くモチーフとしては疑問の残る題材だと言う事でまとめたい。

☆050626再追記
・・・ふと考えた。この問題が何を目的にしたのかによって結論は大きく変わるのではないか?

例えば、前の追記で書いたように「言葉でない表現」を提案したものならもっと別のモチーフを出すべきだったし、戦争の事実をいかに後世に伝えるべきかと考えさせるのだったら、それは歴史の問題だろう。

いずれにしても、この日記ではこの件については打ち止め。

道後温泉で「坂の上の雲」読了 



昨日は日曜出勤の上、夜間の機械点検と続き、明けて今朝は「松山出張」と、ちょっと殺人的スケジュール。だから午前中で用事が済んだ所で「ひとっ風呂浴びて帰りますから」と宣言していた。そして、ホントに行っちゃったモンね!

しかも、ずっと読んでいた司馬遼太郎の「坂の上の雲」がついに日本海海戦を終えて、最終章にさしかかっていたから、松山出身の秋山兄弟の物語を読み終えるのにこれ以上のシチュエーションはない・・・とばかり、道後温泉本館の二階座敷に上がって、浴衣で読んじゃったモンね!



今日もいいお天気で、とても暑かったのですが、吹きさらしの2階座敷は涼しい風が吹き抜けて、読書には最適な空間。お茶とせんべいもついて690円なら、ヘタな喫茶店でコーヒー飲むより断然いいかも?

ひまネタ御免12・「笑い話」 



昨日、急遽岡山へ行く仕事が出来たので、「いっそのこと」溜まっている振替休日をもらうことにした。そして、折角、岡山へ行くなら蜂谷秀人さんに会わなければ・・・ということで、朝から電話。程なく返事が返ってきて、午後から倉敷でお会いすることになった。

とにかく、あの本のお礼と感想も言わなくちゃ・・・ということで。

倉敷で写真教室の講師としてアジサイの花を撮って来たという蜂谷さんは、今ロシアカメラにハマッていて、「いや~GAMさんのおかげで新しいカメラの試写ができますよ」と、3日前に買ったばかりという、ステレオカメラ「スプートニク」を下げて来られた(笑)。流石はプロ、大原美術館入り口のブロンズ像を撮り、美観地区の橋の欄干などを軽快に切り取っていく・・・といいたい所だが、巻き上げノブが半端でなく重いそうで、「指が痛い」と嘆いていました(笑)

ブローニーだが、一度に2コマ使うので6カット撮ったら終わりと言う事で試写も一瞬で終了。あとは老舗料亭でお茶を飲んだ。見事な庭園を望む席に案内され、しばしカメラ談義。

その中で、蜂谷さん「このお店、見事なライカコレクションがあったんですよ。昔は直ぐ見られるところに有ったんですけど、数年前に旦那さんがお亡くなりになって以来、なくなっちゃいましたねぇ」と声を潜めて、こんな笑い話を聞かせてくれた。

「実は、そういうカメラ道楽の旦那さんの家族って、『あのカメラさえなかったら色んな旅行でも出来たのに』っていうんで、カメラ大嫌いって人、多いんですよ」

いやぁ、くわばらくわばら・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。