スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全く雪というやつは・・・ 

容赦がないな。

IMGP7954.jpg

カーポートなんて意味ないし。
スポンサーサイト

Abbey RoadのAP盤、お試し。 

今日はちょっとアンプがみたくてHOに冷やかし・・・のつもりで居たのに、またこんなのを買ってしまった。

IMGP7950.jpg

何を今更のBeatles ABBEY ROAD。しかも、ジャケットもボロボロでひどい状態。だから200円。HOでビートルズが200円なら破格の「捨て値」。でもまぁ、これじゃ、むべなるかな・・・。ところが、このABBEY ROADは、いわゆる「AP盤」である。東芝音工による「最初の日本盤」なのだ。

IMGP7948.jpg

BEATLESのレコードにも序列があって、一番偉いのはUK初版(パーロフォン)のモノラルミックスで、次がステレオ盤。ヨーロッパプレスやUSプレスがどの序列に鳴るかわからないけど、日本盤は結構評価は高く、その中で一番がAP盤と言われているらしい。一般によく出回っているEAS盤とは低音の厚みがぜんぜん違う・・・とか。僕が持っているのはEASどころか、93年復刻のTOJP-7083・・・もう論評もしたくないほど・笑

というわけで、少々ジャケットが酷かろうが、傷があろうが200円ならば試さずに置けようか!

果たして、針を落としてびっくり。なんじゃ!この低音は?Come TogaherのPaulのベースなんて禍々しいほどの不気味な響きを持って迫ってくるじゃないか。

しかも盤は確かに擦り傷が多いけどA面では一箇所だけ「今の傷だっけ?」という感じ。B面ではBecauseの冒頭にしつこい傷がある程度で殆どはOK盤。なんか凄く得しちゃったな。なぜかRolling Stonesの歌詞カードも入ってるし・・・(笑)

IMGP7949.jpg

オリジナル盤なんてとても買えないけど、これからAP盤、探してみたくなった。

blog回帰 

見返すとFacebookに6年間移行していました。

Facebookって便利です。何かかけばすぐに「いいね」がついたり、色んな情報がプッシュで流れてきたり・・・でも自分はもともと友達付き合いの良い方ではないから、バーチャルならOKかも知れないとおもいつつ、あとは自分の「ネタ帳」として使ってきました。

でも、最近、結構「依存気味」だと反省しています。

移動中のスマホは暇つぶしにはなりますが、そればかり気になってつけたり消したりの連続でバッテリーがいつもカツカツ。

誰かの記事にコメントを付けても、その後のコメントにはが返事が返るのに僕だけ返らない・・・とか、ものすごく気に病む方なので精神衛生上もあまりよろしくなく。

さっきも書いたとおり、ネタ帳であり、日記なわけで一人でこっそり書いているのが似つかわしい内容ばかりです。なので暫くSNSを遠ざけてみることにしました。

これだって、誰に見せる文章なのか・・・随分ぶれてますよね(笑)とりあえず、FBの方には「しばらくこちらへ」と貼り付けているので、とりあえず見に来ていただける方へのご挨拶ということで。

ではでは。

Screenshot-2018-1-13 蒲野 誠一




The Red Moon on the Stage 

一般に、星野写真を愛好する人からは、月(The Moon)は嫌われる。なぜなら、その明るさのために暗い星はかき消され、流星は埋もれてしまうから。

でも、今夜の月は、オリオン座~おうし座という、一等星がひしめく最高の舞台で「スタア」となりました。




男木島の一日 

今日は、男木島のビーチコーミングに参加しました。

FM香川の「アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン」では人を迎える方で、殆どゴミ拾いに参加することができないのですが、自分が参加する方になってみて、なかなか新鮮な体験でした。

アースコンシャス アクトでは単に拾うだけですが、このビーチコーミングでは「何を拾ったかグループリーダーに報告しながら」拾います。すると「コレは一体何に使うんだろう?」「コレはなんの部品だろう?」「なんでこんなところにあるんだろう?」と考えながら拾うことになります。手当たりしだいガッツリ拾うのも楽しいのですが、チマチマと拾うのもまた楽しいものでした。

清掃が済んでからちょっとしたゴミのことを勉強します。

瀬戸内海に面した地域に住んでいる人が3000万人と推計して、瀬戸内海に集まるゴミの量は年間にして一人当たり120グラムに過ぎないそうです。その程度ならちょっと気を付けたらセーブできるし、こうしたイベントに参加したらすぐ拾うことができる・・・なるほど、そういう考え方も出来るか!と、ちょっと目からウロコ。

清掃活動が終わってからは散策道を歩いて、男木島のぐるりを一周して帰ってきました。イノシシの足跡あり、屋島・八栗を真北から見る珍しいアングルも見たし、迷路のように入り組んだ路地で道に迷っていたら地元のおばちゃんが遠回りして案内してくれたり・・・

その他、久しぶりに芸術家の大島よしふみさんとお話ししたり、コレまた久しぶりに「円(まどか)」さんで食事したり(覚えていてくださって感謝!)、田中勝次さんのピンホールカメラ写真展を見に行ったり(受付のボランティアのお姉さんが写真好きの素敵な方でした)・・・と、なかなか充実した一日でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。