スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センスはあるか? 

僕は商売人(布団屋)の次男です。が、自分が商売を出来るかどうか・・・は、全く別のことで、それは「できない」と思っています。

でも、センスのあるお店を見るのは好き。

今日は、そんな店を一つ見つけました。丸亀市綾川町、ニューレオマワールド近くの山一木材さんの敷地内に出来ている「Kitokuras」。

山一木材さんは夏休みの作教室を毎年行っているため、子供たちの夏休みの宿題には大いに助かっていました。で、今日も下の子の工作用の資材を買うために行ってきました。ここ数年はご無沙汰していましたが、最近になって向かいの空き地を利用してKitokurasを立ち上げたよう。

まるで山奥の学校みたいな外観。中に入ると、Infoスペース・クラフトショップ・図書館・カフェ。このカフェは目の前の杉林の斜面に向かってオープンになったテラスで、とても気持ちがいい空間です。

中庭を挟んで対向する建物はショールームになっていて、立派な無垢材をつかったテーブルが展示されています。香川だけでなく、高知や広島の、こうした丁寧な家具作りをしているショップと提携して紹介していきたいそうです。アウトドア派や家具好きの人にはなかなかたまらない空間ではないでしょうか?

失礼ながら、数年前に毎年のようにお邪魔していたときは、端材を工作用にカットして夏休みの子供達に提供してくれる、ただの「親切な材木屋さん」でした。聞けば、ここのお嬢さんが東京の美大を出て、この空き地を改造してオープンしたんだそうです。もうこれだけでも、そのセンスに脱帽してしまうのですが、「決定的に敵わないな」と感じたのが、クラフトショップで名刺入れを買った時の包装。




店員のお姉さんが白い紙の袋の口を折って、パンチ穴を開けたかと思うと、手元のハーブの枝を手にとって、す・・・と差し込んで出来上がり。店の名前を印刷したセロテープで留めるより、はるかに洒落ているし、エコ。枝を挿し木したらもしかしたら根付くかも。そうしたらもっと楽しい。

コロンブスの卵的な発想だけれども、流行るお店をやる人には、お金勘定以前に、こういうセンスが必要なんだな・・・と、強く感じました。

スポンサーサイト

激安デジタルアンプの弱点 

最近は、自転車のことばかり書いてきたので、ちょっと別の話題を・・・

少し前に、5000円の激安デジタルアンプを一台買いました。ネット販売でもよく見かける「Topping TP-10 Mk.4」というアンプです。購入したトキワ街の「BOND AUDIO」さんでは「10万円アンプの音がします」と大げさなことを言っていましが、実聴の結果は我が家のSONY TA-F333ESRに引けを取らない音で、あながち嘘ではないと思っています。

が、今日、思わぬ「弱点」を知ってしまいました。

このお正月、NHK-FMで「クロスオーバーイレブン」を放送していました。残念ながら気がついたのが遅く、聞けたのは最終日のオープニングが始まったあとでした。急いで部屋のアンプ(TP-10)とチューナー(SANSUI TU-S707X)に電源を入れたところスピーカーからは盛大なジリジリノイズが載っていました。

我が家は小さな山の裏側にあってFMの入りが悪く、元々ステレオではS/Nが苦しいロケーションです。さらにアンテナは民放側に合わせている(当地では民放とNHKは送信所が別なのです)為、NHKはさらに苦しいので「今日は事更に調子がわるいなぁ」と、MONOモードで聞いていたのです。

ところが、今日は最初に333ERSをつけて、FMを聴き始めました。目的の番組の前番組は好きじゃないので、その間はクラシックでも聞いてたほうがマシだ・・・と、NHK-FMにしてやると、S/Nは悪いもののジリジリノイズはありません。「?」と思ってTP-4の電源を入れると同時にあのジリジリノイズが乗り始めました!まさか「アンプがノイズ源」とは驚きました。

民放FMでそこそこゲインが稼げているうちは、多少S/Nが悪くなるものの、実際の聴感上は大丈夫のようです。以前、10年くらい前のノートPC+サウンドカード(digigram VX-Pocket)でエアチェックに挑戦したときは民放ですらデジタルノイズに悩まされたので、それよりはマシなレベルのようですが・・・

自棄買い・UMPC 

このところ、どうも自分自身納得のいかない生活をしていまして悶々としておりました。これからもその「悶々とした感じ」が晴れる見込みもないのですが(どちらかというと、更に酷くなりそう)、そんな中でちょっとした臨時収入があったので、衝動買いをしてしまいました。

10年来使っていたNECのA4ノート「LaVie M(Pen3/500MHz+192MB)」が壊れてしまって、いろいろ困っていたところなので、前々から気になっていたUMPCとやらです。

ネット上での評判では、今やUMPCのブームは去り、人気はCULV(低価格モバイルノート)に移っているらしいがのですが、臨時収入もそれほど多いわけでもないし、LaVie Mでさえ、重くて辟易した経験からは「ちょっとでも小さいほう」が善だったのです。

UMPCは、ASUSやACERなど台湾勢のタマ数が豊富なのですが、いずれも仕上げが安っぽい。液晶の枠が光に当たってムラムラに反射しているのを見ると一気に買う気が萎えてしまうし、かといって最近好評の東芝Dynabookなどはコストパフォーマンスが低そう。友人がNECのLavieLTを買ったので見せてもらったら、これは値段も手ごろで、仕上げもよく好印象・・・でも、まだ予算に余ってしまった。

というわけで最終的に選んだのが「Lenovo」。元IBMであり、ビジネスユースの象徴「ThinkPad」の弟分的なシリーズ、ideapadです。近くのヤマダ電機でポイント値引きも含めて36,000円そこそこなら「買い」でしょう・・・とばかり、指名買いしてきました。


ideapad S10-2
CPU Intel ATOM N280(1.66G)+1GB
OS Windows7 Starter(以後Win7-ST)
HDD 250GB

いくらネット・メールに用途を絞った簡易PCとはいえ、Pen3/500MHzには負けるまいと思っていましたが、案の定、私の用途では十分すぎる能力を発揮してくれました。私の主な用途は、やはりネット、そして時々会社の資料つくりとしてWord・Excel、そしてレコード整理のデータベースとしてAccessが使えれば十分。もっというなら、趣味の音楽制作用のDAWソフトとして使用しているSteinbergのWavelab5が走れば申し分なし・・・というところ。

さて、その検証結果はいかに。

○・・・なところ
 *やっぱり、小さい・軽い
 *思ったよりさくさく動く(Officeの利用にまったくストレスなし)
 *Win7は、Vistaほどわずらわしい事もなく好印象

×・・・なところ
 *Win7-STは、WMP12からmpeg-2のコーデックが省略されてDVDが見られない
 *Wavelab5が使えなかった(これは多分Win7との適合問題)

特に、Wavelab5は、インストールまでは問題なくできましたが、最初の立ち上げ時に「レジストリの問題があり、マスターセクションが立ち上がりません」という警告が出ます。無視してやると正常に立ち上がるかに見えて、すでに作ったファイルも読み込むし、編集もできますが「保存」をかけたとたんに何の前触れもなく終了してしまいます。あと、新しいファイルを作ろうとしても同様。

読み込みやファイルのマージ(Wavelabではレンダーという)は、の速度は、Pen4/1.8GAと比べても遜色ないくらいなのに、勿体無い事この上ありません。

これについて、ATOMの実力のほどを知りたくて、自分の体感を詳しく書いた上で「Pen3/500Mのノート・Pen4/1.8GAと比べて音声編集ソフトではいかがでしょうか?」価格.comの掲示板で質問したところ「あんたの体感なんて知るわけないだろ?」とこっぴどく叩かれたことがありました。「答えるべき知識がないなら黙ってりゃいいのに」とは思うものの、それもネットの現実さ・・・とさびしい思いをしました。

きっといまでも「ネットブックは興味あるけど、性能の程がわからない」という事で躊躇している方も多いでしょうから何か知りたいことがあったら、何でもお問い合わせください。Pen3/500M・Celeron/2.4G・Pen4/1.8GAとの比較はお話できます。

ダンヒルのボールペンと・・・ 

Montblanc221の件は一件落着と思っておりましたが、一つだけ気がかりなことがありました。

その前に、手元にある221は以下の通り。
1:本来の221(O221-ウィングニブ)/首軸割れ・尻軸のホワイトスター無し=修理待ち
2:爪ニブの221(後期型)/完品(但しニブ先に曲がりあり)=現用
3:2本目のO221/完品=ストック中

このうち(2)は、尻軸を(1)のレストアとして交換したため、ホワイトスターが無い状態で常用しています。しかしコレが何とも味気なく見るたびに気持ちが萎えるので、以前ほど真剣ではないにせよ、相変わらずホワイトスターが残ったジャンク品を探していました。

するとこのほど、非常に汚いジャンクの221らしき万年筆が出品されているのを発見しました。使用不可とのことですが、ホワイトスター付き、しかもウィングニブじゃないですか!





汚いのは磨けばいいから・・・ということで、適当に相場と思われる金額をつけて放っておいたら落ちてしまいました(笑)。「パーツ取り」が多いのに越したことは無いし、もしかして首軸もちゃんとしていたら、本来の(1)を常用に出来ることになるので、まぁいいかということで。

今回はダンヒルのボールペン付だそうです。これまたキッタナイ状態ですが一応使用可・・・とか。

ボールペン、ましてやダンヒルというブランドには全く興味がありませんし、どうせ贈答用の安物ラインでしょうが、会社ではボールペンがないと複写式書類や咄嗟に他人に貸す場合に困ることもままあるので悪い話でもありません。とりあえず、到着がたのしみです。

祝 30年目と一年目 

気にしていたつもりでしたが、気が付いたら僕の「Pentax Life・30年」が3日も過ぎていました。母から高校入学記念としてMX(B)+M50/1.4を買ってもらってからそんなに経ってしまったのです。思えば遠くへ来たもんだ・・・




今や、カメラはデジタル時代。今年はPentaxも起死回生の一打として「K-7」を送り出しました。今は某掲示板でも「初期不良」の嵐で大変なようですが、直ぐに落ち着くことでしょう。K100Dも好調なので買い替えはなかなか出来ませんが興味津々です。たまにはMX・K2DMDともにフィルムを詰めて知らない町をブラブラしてみたいものです。が、30年後にK100Dが元気でいるかどうかは分かりません。

一方、早くからデジタル化された分野の一つであるオーディオでは、最高峰のDATも結局プロ現場と一部のオーディオマニアに支持されたに留まり、庶民の手に届く前に静かに消え行きつつあります。10年ほど前に、中古をやっとの思いで手に入れたSONY/TCD-D10PROも、修理することそのものが非常識な時代となり、遂にファイルレコーダーに代替となりました(泣)




やってきたのはTASCAM/HD-P2。なんと、192KHzのサンプリングまで対応し、f特は40Kも楽々クリア・・・ポータブルでここまで出来てしまうなんて、恐ろしい進化ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。