スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PentaxのMFレンズ(改訂) 

geometry

SMC PENTAX M50/1.4使用

○sakaさまから、DSLRにMFレンズをつけたときの露出についてご質問を受けましたので、僕の経験談を書いてみます。

まず、K100DでのMレンズ(Aポジションの無いレンズ)を使用する方法は・・・
1:当然にAF-MF切り替えはMFに。
2:ダイアルはM(マニュアル)に。
3:フォーカスを合わせ、合焦マークが点灯したら、AF-Lボタンを押す
  >一瞬絞り込まれて、それに対応したシャッタースピードが設定される
4:シャッターを切る

・・・というステップになります。

全くのマニュアルに比べればシャッタースピードは自動的に設定されるので、これは「半・絞り優先オート」といっていい使い勝手ではないでしょうか?MXでは、絞りに応じてシャッターダイアルを自分で回す必要があるわけで、これはこれで便利です。最新機種のK-mでも、多少用語は違いますが、同様の方法でマニュアル撮影が可能との事です。

さて、よく言われるのは、この方法では適正な露出が得られないという話。これは正直言って余り気にした事がありません。ほとんどの場合は満足のいく露出でいけているような気がします。確かに逆光気味のときや輝度がマダラの被写体を狙った時にはおかしいときもありますが、それはAEでも同じことでしょうし・・・

僕がM・Kレンズで撮影した写真はFlickrでご覧いただけますのでご参考までに。
使用レンズ
SMC PENTAX M50/f1.4、またはM50/f2.0
SMC PENTAX K50/f1.2
SMC PENTAX K24/f2.8
SMC PENTAX A35-105/f3.5



スポンサーサイト

CCDクリーニングを、やる 

一説によると、ペンタックスのDSLRはあまり機体内のゴミが発生しないと聞くけれど、所詮は工業製品であり他メーカーと変わりはないと思っている。半年も使えば、それほどレンズ交換を頻繁にしない僕でさえこんな有様。




最近はf5.6以上に絞ることが少ないからあまり気にしないけれど、やっぱり気持ちが悪いから確かめてみたら案外大物がポツポツあったのでちょっとショック・・・

で、一度、定石どおりブロアーで吹いてみた・・・




いくつかは吹き飛んだようですが、真ん中辺りのゴミはそのまま残っており大して効果はなさげ。それでついに買いました。「タタミィ棒」こと、クリーニングキット。




「PENTAXのサービス部門でも使用しています」という一文が頼もしいけれど、注意書きには「本製品の使用によるセンサーの破損などについては一切保証は利かない」旨がしっかり書かれており、結構緊張を強いるんだよね~

でも一度は通らないといけない道なんだな、DSLRである以上。

★一時間後★

やってみました、クリーニングキット。結構簡単ではありましたが、やっぱり怖いね~「下手するとCCDに傷」とか「ピント不良になる」なんて書いてあるし・・・

スタンプ面はCCDに対して1/3の高さ、1/4の幅の大きさなので、12回くらい場所をずらしながらペタンペタン・・・押し付けるごとにSRのジジジという音がして何だかヤな気分だけれどナントカやり遂げました。

で、結果↓




へっぴり腰でやったからか少し残っちゃいましたが、自分でやったにしてはまぁまぁの結果でしょうか?今度はもうちょっとしっかりやろう~っと。

シンガポールのお供はK100DかT2か 

いよいよ、来週に迫ってきました。シンガポール。それにしても、今日、説明会があって益々ユーウツになってきました。本当に、息苦しそうな街だ。

ただ、今日は同僚らとどんなオプションツアーに行くか話をしていて「ビンタン島」へ行くことに。特にカヤックをやったりマングローブを見に行ったりしようと盛り上がった。どうせグアムのようにレンタカーで走り回るのが楽しい場所ではなさそうだから、その分オプションツアーで楽しむことにしよう。

問題は、カメラをどれにしようか?K100Dを持って行きたいところだけど、チャイナタウンやリトルインディアに持っていくと、目立つDSLRは強盗に会いそうで怖いから、コンパクトなT2だけで行こうかな?なんて思ったり。

丁度今時は、旧正月でチャイナタウンの夜が綺麗らしいので、そうなるとK100DのSRが威力を発揮しそうだし・・・悩むところだ。



ネイチャー系のお話 

Note:Click The Thumnail for The Big-Image

The Leaves Against Light









高松の「玉藻城」の緑を守るホレ太さん企画による「披雲閣オリジナルコンサート」のお手伝いに行ってきました。出演は、Rainbook(山本容子・前澤ヒデノリ)という、日本の童謡・唱歌を主に歌っているユニット。

僕はRainbookのお二人には初めて会いましたが、とても気さくで楽しい人たちでした。前澤さんのギターをバックに、ボーカルの山本さんが透き通るような美しい声でストレートに歌い上げるスタイルは、今の音楽の主流から言うととても地味なものかも知れませんが、決してなくしてはいけないパートと言えるでしょう。

披雲閣の大書院の前庭を埋め尽くすソテツの木は水銀灯でライトアップされ、少しエキゾチックな雰囲気。その夜空にRainbookのやさしい歌声がとてもよくマッチして、時間を忘れるような空間でした。

話は、二人がリハーサルをしていた午後2時ごろ。まぶしい太陽に照らされたソテツの葉がとても美しかったので、洩れ聞こえるナチュラルな歌声を聴きながら、慣れないネイチャー系の写真に挑戦してみました。

お粗末・・・

秋の夕暮れ・・・なのに 

Note:Click The Thumnail for The Big-Image

a silhouette












いつものように定刻になると「ワン・ワッ」と、愛犬が鳴き始める。嫁さんに言わせると「サン・ポッ」と吠えているそうだが、よその家の犬はどう吠えるんでしょうねぇ?

放って置くと際限なく吠え続けるので、嫁さんと下の子が散歩に出るというが、今日は珍しく上の娘も散歩に出るらしい。

来週はイベントだから、この土日は「嵐の前の静けさ」的なゆっくり加減。だから今日は結構、心にゆとりがあるので、僕もK100D手に「やれやれ」と腰を上げる。

いつもの散歩道にある田圃は、ついこの前まで稲穂が黄金の実りを見せていたが、今ではすっかり刈り取られてすがすがしい限り。秋の空もより広く見えるってもんだ。遠くに見えるバイパスの街路樹が、いい塩梅に色づき始めている。

土手をよじ登るようにしてバイパスの歩道に出たとき、夕暮れには早いけれど、山の端に隠れた夕日の残照がいい感じに街路樹をシルエットにしていた。そこで家族と犬を先に行かせて暫らく思案に暮れる。

まともに写した写真は空が真っ白に飛んでしまった。そこで何枚か露出を変えて夕暮れの色が出るまで絞り込んでみた。ところが、家に帰ってPCのモニターで見てみると、後半の写真は「単に暗いだけ」で、最初の「白とび」が一番まともに写っていた。

意図したものとはずいぶん違うけれど・・・

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。