スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新星、もう一つ現る! 

この、スウェーデン出身の若きデュオ「Smooth Reunion」にもヤラレマシタ・・・
現在、絶賛へヴィ・ローテ中。

Steely Danファンでも、Aja>Gaucho>Night Flyの後がKamakiriad・Two Against Nature・Everything Must Goと言う流れに、単純に新作を喜びながらも「?」だった人にお勧め。

流石、ユーロ・ジャズの本場。この若さにしてジャズテイスト満点。そう!新生SDに足らなかったのは、この「Jazz Taste」だったのだ!






スポンサーサイト

新星、現る? 

久しぶりに、新人にヤラレマシタ・・・



Diane Birch(ダイアン・バーチ)、詳細はコチラ

ウェスト・コースト・ジャズ 

人間、歳と共に好みは変わるというのを実感するのが「Jazzの好み」。

大学時代に友人の影響でJazzを聞き始めた頃は、アドリブ一発のカッコ良さがなければジャズじゃないような勢いで50年代のモダン・ジャズを聴き漁り、マイルスの「Kind Of Blue」に出会って、モードに傾倒。

大学を卒業してしばらくはジャズを離れ、フォークやロックを聴くようになる。なかでもアコースティック・ギターを中心としたシンガーソングライター系が好きだったから、自然とLAのカラッとしたサウンドのバンドを聴き漁ってきた。

それが一種のフィルターの役目を果たしたのか、最近になってジャズに戻ってきたら、すっかり「ウェスト・コースト・ジャズ」好きになっていた。勿論、ジャズを離れる前からアート・ペッパー、シェリー・マン、ハンプトン・ホーズなどのウェストコースト系アーティストのアルバムを買っていたから結局こうなる素地はあったんだろうけど・・・

そこで今日引っ張り出したのが、Stan Getz / West Coast Jazz。



Nogranレーベルではお馴染みのイラストレーター「デヴィッド・ストーン・マーティン」によるジャケットもリラックスした音を予感させるけれども、針を落とせば想像どおりのサウンドが飛び出してくる。ウェストコーストの白人ジャズマンはビッグバンド出身の人が多いから、整然としたアレンジと、その中で繰り広げるアドリブという「動と静」のコントラストに魅力があるものだけれど、このアルバムの場合はバンド的なアプローチもある所が幅広いファンを獲得しているところでしょう。

小気味良いシェリー・マンのブラシワークにスタン・ゲッツのくぐもったようなクール・テナーが乗ると、もうさんさんと降り注ぐ太陽の下で鼻歌を歌っているような心地よさ。それにルー・レヴィのアッケラカンとしたピアノの音が、もう気持ちよさを通り越して「うたた寝」さえも誘ってくるよう・・・そう、ウェスト・コースト・ジャズというか、白人ジャズ全般に共通しているのが、この「アッケラカン」とした感じ。

このウエスト・コーストの白人ジャズマンにかかれば、シリアスなマイルス・デイヴィスの「Four」でさえもアッケラカンと、可愛らしい曲に変身する・・・もう、これは一種のマジックですな。

気分爽快 

今日は、昨日の深夜作業の振替でお休み・・・という事で部屋の掃除。以前から部屋の中で場所を取っていたいくつかの不要音響機材を何とかしたいと思っていたので、思い切って処分してやった。

捨てる機材は、東芝の大昔のオープンリールデッキとミキサー卓。ついでに以前使っていたキヤノンのプリンター。オープンリールデッキとプリンターは、まだ使えるかもしれないのでHard○ffへ。ミキサー卓は使い道も無いので近所の廃品回収業者へ持ち込み。

Hard○ffでは、プリンターは引取りのみ、デッキは\200で買い取ってくれた。この二つが取っていたスペースを200円で買い取ってくれるなんて、なんていい時代なんでしょう?廃品回収業者では\20/1Kgで引き取ってくれるというので、12Kg強で\260位で引き取ってくれました。これもあのスペースを260円で買ったと思えば安いもの。ぐっと広がった部屋のスペースを見て気分爽快。

さて、Hard○ffに行ったからにはアナログ盤漁りもしないと勿体無いということで、2級品コーナーを見たら、いきなり「Moon Glow/山下達郎」「Neon Smiles/The Bliss Band」「Luna Sea/Firefall」を発見。全て315円という事で、即買い!

山下達郎は、言わずもがな。ただ大ヒットアルバム「Ride On Time」の一枚前の、まだまだマニアックな頃の作品で、正直、レイニー・ウォーク、ファンキー・フラッシン、レッツ・キス・ザ・サンというヒット曲以外は地味な印象。盤質はとても悪かった。

The Bliss Bandは、名ソングライター、ポール・ブリスによる「AORの名盤」の一枚だが、デヴィッド・フォスターまがいの派手派手アレンジと80年代らしい「コンプかけまくり」のくぐもったようなドラムがイマイチ。B面の2-3曲はよかったが、最後はジャーニーか?という、これまた大仰なドラマチックサウンドがイマイチ。時代的に言うとジャーニーがこれをなぞったんだと思うけど・・・まぁ、Jazzと共に、この辺りの音楽(70-80年代のロック・AOR)を追求中の僕としては、いい勉強になりました。

そして最後の一枚、Luna Sea / Firefall・・・これが、盤質最高・中身最高で、これ一枚に1000円だしても大満足というくらい。




Firefallは、76年にザ・バーズやフライング・バリトー・ブラザーズにいた面々が、コロラドを拠点に組んだバンド。「彗星」ジャケットのファーストはロック名盤紹介では大抵載っている、いかにもウェストコーストな心地よい一枚だった。そして、この「Luna Sea」は77年のセカンドアルバム。

アコースティック・ギターのザクザクしたサウンド、リック・ロバーツの高域がよく伸びる声と美しいハーモニーは、まるでイーグルスのファーストのような。イーグルスはわざとカントリー色を出して「いなたさ」さえも売りにしていたけれど、こちらはドライブ感あふれる爽快なナンバーが連発で、僕的には「イーグルス以上」。メルヘンチックなジャケットからは想像もつかない「ロック」なアルバムでした。

それにしても、The Bliss Bandの、いかにも80年代っぽい「エフェクターかけたおし」サウンドと、この「小細工一切してません」という70年代サウンド。どう考えても70年代の勝ち!カラッと乾いたウェストコーストサウンドに包まれて、今夜は「気分爽快」!

Shawn Colvin / Fat City 

やっと見つけました、Shawn Colvinのセカンドアルバム「Fat City」(92年)




彼女は日本では「カントリー系」のくくりに入れられてしまう事が多いせいか、全くといって良いほど知られていません。もしクレジットを見た事があるという人でも「映画・ハルマゲドンのサントラで・・・」という人がせいぜいでは?

そんなShawn Colvinは、All Music(AMG)によると「ニュー・フォークのBright Spotの一人」であり、本国アメリカではグラミー賞アーティストでもあります。

日本では先ほどの現状を反映して、一連の初期作品は当然のごとく廃盤状態。実際、僕が持っている3rd「Cove rGirls」は仕事でLAへ行った時の自由時間にサンタモニカのCD店で買ったもの(カッコイイ?・笑)。

彼女のアルバムの中で僕が最も好きなこの「Cover Girls」はAMGで☆☆しかとっていないんだからがっかりだけど、そのAMGと僕が珍しく意見があって四ツ星の高得点なのがこの「Fat City」。

ところが、もうかれこれ10年以上、東京や海外旅行へ行く度ににレコード屋で探すもののいつも見つかりませんでした。それが、先週のRootsRecordsのバーゲンで発見!嬉しい事に国内盤。

まず、ジャケットがいい。静かで、繊細な音が容易に想像できる。発売当時の帯には、確か「夜明け前のすがすがしさ」というような形容をしていたはずだが、全く同意。アコースティックギターを中心としたシンプルな音作りに浮かび上がるShawn Colvinの陰影のある声・・・

オープニングの「ポラロイド」という曲から、そのすがすがしさ・美しさとは全く裏腹の、絶望の淵でもがくような重い詩が迫ってくる。でも、彼女の芯のある強い声が聴こえてくると、真っ暗闇の中に仄かに小さなロウソクの炎が灯ったような気がするから不思議だし、だからこそ好きな人なのだ。

アップテンポの曲もあるけれど、やっぱりアマチュア時代からの代表曲「I Don't Know Why」や「Monopoly」という、「静かで美しく、悲しく、でも優しい」楽曲に彼女の魅力があると思う。

Allmusic/Shawn Colvin



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。