スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol-10・バックを削る 



今日は久しぶりに一日休みだったので、昼中、街まで知り合いのイラストレーターの個展を見に行って、夕方からウクレレ制作の続きを少しだけ。バックの板を削りました。

トップを、カンナで傷つけた部分を隠す為とはいえ、1.4mm程度まで削りこんでしまったので、バックは1.8mm程度にしておいた。写真は二枚重ねてみたんですが、その差、歴然。

持ってみると重さも如実に判るほど違うんですよ!
スポンサーサイト

VOL-9・トップ、平均1.4mm! 



夕方、雨が上がったので先日カンナがけでボロボロにしてしまったトップをサンディングした。結果「どうして最初からサンディングしなかったんだろう?」

一番荒い目のペーパーをブロックにセットして磨くこと1時間半、ついにトップは1.4mm前後にまで薄くなりました。所々1.3mmまで削っちゃった(涙)。カンナは素材の厚さを2-3mm程度にまでするのに使い、あとはサンディングというのがいいらしい。

サンディングすることで板の表面がなんとも滑らかな表情を出してきて、今後仕上げに向けて細かい目のペーパーをかけていけば、もっと艶やかな表情になるだろうという予感。

それにしても、生きている内は二酸化炭素を酸素に換え、葉の緑は目を癒し、切られてはいろいろな姿に形を変えて人の役に立ち、一部は「楽器」としてまた人を癒す・・・「木」とは、何て素敵な存在でしょう?

Vol-8・トップを削る 

今回から、ウクレレ作りに関することは「ウクレレ・ビルダーへの道」というカテゴリーにし、過去の「実際の制作に関わるエントリー」は、こちらへ編入しました。なお、それに伴って、従来の「ウクレレ」カテゴリーは「ウクレレ&南国気分」とし、ウクレレ製作以外のハワイ&南国の話を収録します。

・・・で、今回はトップを削ってみました。

イメージでは、大工さんのカンナがけ・・・つまり、カンナをシュッとかければ薄い木屑がシュルシュルシュル・・・と飛ぶような。なんのなんの、難しいですわ、カンナがけ。

デフォルトで2.2mmもあるゼンオンキットのトップ、コアロハ並みの1.6mmまで削りたいなんて思ったのが間違いの始まり。炎天下の庭で1時間格闘の末、やっと2mmになりました(涙)しかも、表面ボロボロ(号泣)




ノギスで測ってみると、左奥に見える「崩れた部分」の底が、丁度、厚さ1.5mm。ということは、これらの凹みがなくなるまで削れば厚さ1.5mmと言うことになる訳だけど、ココから先はカンナよりサンドがけの方が安全かも?

う~ん、ウクレレビルダーへの道、険し・・・

Vol-7・トップの厚さを測る 



先日の木工教室の帰り、ニスを買いに行くついでに前から欲しかったノギスを買った。トップを少し薄くする為にはちゃんと厚さを測る道具が無くちゃね・・・と言うことで。

早速、愛器Koalohaのトップの厚さを測ると、1.62mmでした。
そしてキットのトップは・・・2.2mm。

カンナも一緒に買ったので、今度はいよいよトップ・バックを薄くする作業に入るぞ・・・と。

そうそう、T's GuitarさんのBlogをLinkしました。このサイトでウクレレのパーツの通販を見ると、なんと、コンサート用のネック(未加工品)と、18フレットの指板が新発売されていました!

元々、ロングネックを作ろうというのが自作の動機だったのに、かといってきちんとしたパーツを売ってくれるところも無い・・・と、ちょっとやる気が萎えていたのだけれど、これでもともとのコンセプトに立ち戻れる見こみが立つので、頑張ろう!っと。

Vol-6・「ブランド」決定 

遅々として進まないウクレレ製作。その理由を挙げていけば、土日ごとに訪れる仕事(残業)、イベント、子供の行事もさることながら、「ブランド名」が決まらなかった所為もある。別に、将来ウクレレ作りで食べていくビルダーになろうなんて気は更々無いけれど、やっぱりオリジナルらしい名前は欲しいということでずっと考えていたのです。

難しいのは「ロゴ」。そこそこマークとしてカッコよくありたいし、あまりコジツケの名前も気恥ずかしい。・・・で、色々なブランド名・マークが浮かんでは消えていったのだが、結構身近にいいものが転がっていた!

僕のBlogのURLには「gamma」という文字がある。これは僕の名前に由来しているのだが、それはギリシャ文字の「Γ」・・・これは,デザイン的にもいい形だ。そして、α、βに続く文字と言うことで、例えば星座を作る3番目に明るい星を指したりもする。さらに、どの占いだったか忘れたが、僕のラッキーナンバーは3でもあったりする。

無理にこじつける事無くこれほど意味が重なるなら、もうコレをブランド名にするしかない・・・と言うことで、僕のウクレレブランド名は「Γ」ということにした。するとあとはイラストレータでラベルを作るのみ!

デザインなんて大それたものじゃありませんが、とりあえず、ラベル完成!


これ以後、サクサク製作が進むかどうか・・・は、神のみぞ知る。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。