オーバーロードです。 

今週は、月曜から毎日22時位まで会議(年度替わりのことを色々と・・・)があって、そこから自分の仕事で午前様、昨日は大阪往復、今日は鳴門往復・・・で、それなりに楽しかったのですが、もうちょっとオーバーロードです。

今日は、大塚国際美術館で行われたシスティーナ歌舞伎・・・これは、凄く面白かったので、「行った」という事実だけ書いておきます。詳しくはまた後日。

180218-Kabuki.jpg

アンモナイト、2つ。 

今日もまた雪が激しく舞った高松。結局積もらなかったけど、帰ったら野生の王国だった。

ファイル 2018-02-06 22 52 51

ぼったくり 

カブの事故被害見分は大したことなかったけど、それが終わったら、嫁さんから「郵便ポストの扉がパカパカになったので見て」と言われた。

ホイホイ・・・と見てみると扉のキャッチ金具のメスが駄目になっている模様。ところが、これ、メスだけでは売っておらず、オスと、ネジ4本がセットになって3200円もするという。

何というボッタクリ!イタ車もびっくりだ!!

IMGP7938.jpg

ちょっと、時事的なお話 

中国の原潜、騒音で探知され二日間追尾されて降参

先日、東京出張の折に、昨年まで一緒に仕事をしていた音楽関連の方と久しぶりにお会いした。その人はとあるミュージシャンのマネージャーなんだけど、今は僕との仕事が終わって、別のアーティストの臨時スタッフとして年末から年始にかけて中国を回っていたんだそうだ。

中国といえば、大気汚染が酷く、何もかもが旧態然としていて、コピー商品は信用ならない・・・というのは一昔前のこと。ホンの身近な話でも、たった5000円のデジタルアンプ(Topping TP-10Mk4やLP-2020のこと)が、小さいスピーカーと小さな音ならTA-F333ESRといい勝負だったことも思い出すし、Toppingの社長のインタビュー動画では音や仕上げへのこだわりは日本でもこんな会社は少ないだろう・・・と思わせた。

中国では、当然のことながら「ちゃんとしていない人」が圧倒的多数だが「ちゃんとしている人もいる」。何しろ日本の10倍の人口を持つ国だから、仮に「ちゃんとした人」が人口の1割しか居なかったとしても、日本人の(赤ちゃんからお爺ちゃんまで)総人口位いる・・・というわけだからいつまでも侮っていては本当にいつか泣きを見るのは日本である。

昨年末のNスペで見たのだが、いま中国は「電気自動車大国」なのだ。上意下達の国で、上が「大気汚染を解決するために、車は全て電気自動車にせよ」と命令したら、下は「ハイ~!」の一言で右を向いていたものが一斉に左を向く国なのである。果たして、先日お土産話で見せてもらった中国の写真は「抜けるような青空の元の紫禁城」だった。

紫禁城・・・ということは北京のお話ですよ!つまり、もう、今この瞬間でさえ「大気汚染でグレーの空の北京」など過去のお話なのだ。

それで、最初の潜水艦の記事のリンクに話を繋げますが、この潜水艦の意図は分かりません。でもこの記事についたコメントで「自衛艦スゲ~」「中国の潜水艦ダメダメ」で気炎を上げている人たち・・・これが「日本を油断させるエサだった」としたら、どうします?

インフル対策、水分取るだけ? 

喉に着いたウィルスを、ドリンクを飲むことで胃に落とし、胃酸でやっつけるんだと!

僕はコーヒーをよく飲む方ですが、それが効いてるのな?

マスクより有効なインフル対策