オーバーロードです。 

今週は、月曜から毎日22時位まで会議(年度替わりのことを色々と・・・)があって、そこから自分の仕事で午前様、昨日は大阪往復、今日は鳴門往復・・・で、それなりに楽しかったのですが、もうちょっとオーバーロードです。

今日は、大塚国際美術館で行われたシスティーナ歌舞伎・・・これは、凄く面白かったので、「行った」という事実だけ書いておきます。詳しくはまた後日。

180218-Kabuki.jpg

accuphase C-200を考える(長文注意) 

アンプTA-F333ESRが死に、MCA-105も老兵であり、いつまでも現役という訳にはいかない。C-4もInputセレクタの不良は福山オーディオサービスさんでさえ手に負えなくなってしまった。せめてMCA-105をプリとしてだけ使おうにもパワーアンプ(M-50✕2)も、かなり疲れていて、やはりNS-10Mに繋いでも低音が全く出ていない。

一方、この2月末の帰省で、家からKRELL KSA50という、今までの僕からしたらちょっとびっくりするようなパワーアンプがやってくる。

このKSA50の仲間入りによって、これからのうちのAudioの考え方の方針が大きく変わった。つまり、もう新しい「プリメイン」はいらないということ。だからプリメインにかけようと思った予算は全てプリアンプに注げばいいということになる。

しかし、ここで問題はKSA50は現状では電源が入らず、修理が必要なので、その修理に4-5万は食われそうだ。これとてもKSA50を4-5万で売ってくれるようなところはないから安いものだと言わなければバチがあたる。

だから、当初、少々無理(借金)しても20万クラスのプリメインを・・・と考えていたのは、10万クラスのプリを・・・に変わり、今では5-6万クラスのプリを・・・と変わってきた。ところが、そんなプリアンプは、もう今や「中古」でなければ見つからないだろう。

となれば「メーカーによる完全修理が可能なメーカー」に限ってしまうと、もう「LUXMAN」と「accuphase」以外選択肢はないということになってしまう。海外製など言うに及ばず・・・だ。

色々調べると、音の傾向(僕の好み=多少ドンシャリ)やウチの機材の数(入力数)をみていると初代のC-200~C-200Sが良さそうだと言うことに狙いをつけてヤフオクでみていると、どうも5万円弱で手に入るようだ。

とはいえ、ヤフオクは怖い。90年台のものならいざしらず、70年台のアンプなど「メンテナンス前提」でなければまともに使えないだろう。まして人気のaccuphaseである。程度の悪いものも適当にきれいに見せて高く売り抜けようなどという不届き者が多いのは目に見えている。

では、きちんとした「ハイファイ堂」とか「逸品館」とかの「メンテナンス品(保証付き)」はどうか・・・といえば10万円程度というのが相場のようである。ここで目についたのがこのアンプ・・・C-200Vだから少々新しいが、11万円で売れていたらしい。

accu C-200の「お店価格」・・・「accuphaseでのメンテ済」ということなので、コレを手がかりにその内訳を考えてみることにした。

続きを読む

危ない危ない・・・ 

先日、Beatles / Abbey RoadのAP盤のジャンク(200円)が当たったものだから、味をしめておりますと、ヤフオクでいつも僕好みの盤を出品してくれるセラーさんが、Let It Beを500円で出品していました。しかも「赤りんご」のセンターレーベルです。

AR-34001という番号を、老眼の進んだ僕の目は勝手にAPと勘違いし、「ラッキー!」と思いましたが、よく見ると「ジャケットカット盤」とあります。日本では「カット盤」なんて習慣はないと思ったけどな~と思いなら、調べると、どうもアメリカ版には「カウンターフィット盤」なる、いわゆるブートレグの一種があるそうです。

それは、ジャケットから盤からまるまるコピーしたもので、印刷も悪く、当然音もよくありません。「安売り」をカモフラージュするためにカット盤にしてある場合が多いようです。まさにコレじゃないか!どうりでBeatlesのAP盤なのに応札がないまま放りっぱなしになってるわけだ。

危ない危ない。やっぱり物事はよく調べないとね。

The Beatles Let It Be - ヤフオク


赤い鳥、捕まえた! 

僕の一番好きな日本のグループは「赤い鳥」です。偉そうに言っていますが、Hi-Fi Setの前身バンドとして名前は知っていましたが、実際の音として体験したのはここ1-2年のことではありますがw

友人に教えてもらった観音寺のリサイクルショップで、みるものもなく手ぶらで帰ろうとした時、店頭のクズレコードコーナーの中から、そのセカンドアルバムを見つけたことから火がついて、あれよあれよと「赤い鳥」が増えました。中でも一番苦労したのは、やはり「ファースト」です。なにしろ、なかなかヤフオクでもでてこないし、出てきても良い状態のものではありません。一番多くあるパターンは「ライナー・ポスター類」の紛失です。

一度、きれいな帯付き・完品が出ましたが、オークション最終日までずっと息を潜めて見ていたのに、半日ほど前からバラバラと応札が始まり、最終的には5000円位まで行ってしまって涙をのみました。

そのまた一ヶ月後くらいに、「盤質はちょっと良くないが、完備品、ただし帯はちょっとヨレと破れあり」というのが出てきて、盤はいずれCDでも出たら良いやと思って1000円位で落としました。そしてこの盤質は説明通りあまり良くなく、1-2曲で音溝が壊れているような歪がありました。でもまぁ「聴けるだけまし」と思って我慢していました。

ところが、ファーストをずっと探していたときに登録してた「アラート」が、先週いきなりファーストとライブ版のA Million Peopleとのセットで750円で出てきたことを知らせてきました。案の定、ファーストは付属品は一切なく、しかも(これもよくあることだが)ゲートフォールドの中に貼り付けられた写真のページ(歌詞カードでもある)も失われれていました。

ただ、盤質は「時々プチ音あり」という程度のようで、まぁまぁ良盤と予想されました。A Million Peopleは「良盤」ということなので、こっちを買うつもりで応札したら、結局争うこと無く落札し、今朝届きました。

今聞いていますが、たしかに「プチプチ」はあります。残念ながら「人生」のエンディングにちょっと長めの傷があるようです。でも全体に音は綺麗なまま。これならOYAGを念入りにかけたら良盤になるでしょう。これで、貴重な「赤い鳥 / Fly With A Red Bird」の完品が一組出来上がり、予備が一枚出来ました。しかも合計1600円ほどで!

良盤を5000円で買った人・・・御免遊ばせ。

願わくば、このまえのAP盤アビーロードみたいなボロボロジャケットでも盤質OKみたいなのが200円位で見つかると嬉しいな。

IMGP7972.jpg

IMGP7973.jpg



今更ながら、Abbey Roadがヘビロテ 

先日の、200円のAbbey Road、ジャケットこそどうしようもないほどの痛み方ですが、盤の方は見た目によらずすこぶる良盤。何度か聴いているうちにそれほどノイズも気にならなくなってきて、殊A面に関して言えばVGといって良いのではないでしょうか。

なにより、噂のAP盤・・・音がとてもいいです。多分、何度もターンテーブルにかけられては来たのでしょうが「すり減っている」感じは全くありません。わざわざ「180g重量盤」と謳うこともなく、もとから「重量盤」というのもあるのでしょうが、音がどっしりしていて、「デジタルリマスター」に比べてとても音が耳に優しいです。だからここ毎日、一回は寝る前に通しで聞いているほどです。

Beatlesは、僕の世代にとっては「一般常識」だから、アルバムを全部揃えてきたわけでもないし、赤と青があればすべてを知った気になっている体たらくです。だから、こんな風に、自分がヘビロテで聴くようになるなんて思いもしませんでした。

IMGP7971.jpg

もっというなら、今年6月をもって、アメリカの大手スーパー「BEST BUY」がCDの販売をやめるなんてニュースが有り、CDよりストリーミングのほうが売上が多くなったそうです。

まさか、今、アナログが生き残るどころか勢いを増しつつあるなんて日が来るなんて、思いもよらない事でした。